2014年8月12日 (火)

北海道の都道府県道に関するトリビア

かなり以前、マジカル頭脳パワーというクイズ番組で「北海道の都道府県道は『道道』と言う…ウソ・ホント?」という出題がありました。

もちろん「本当」が正解なんですが、響きが珍しいんでしょうね。素直に本当と思えないからそういう問題になるんですもんねw

さて、今回ブログネタにしてみたのはもっとマニアっぽい話です。

北海道は面積が広いだけに、道道の本数もものすごく多いです。Wikiに一覧が出ていますが(→Wiki「北海道の道道一覧」)平成26年現在で1178号線まであるようです。

ところが、道路に興味のあるごく少数の人の中に「もっとデカい数字があったはず…」ということに気づかれた方がいるかもしれません。

d(`・△・´)「3000番台や4000番台も見たぞ!」

…と。

この謎についてマコが子供の頃、夏休みの自由研究で調べたことがあったので、ちょっとご紹介しましょう。

北海道の道道の路線番号は、管理者のコード番号みたいなものが別にあります。

たとえば「道道1号線(主要道道小樽定山渓線)」は路線番号は「1」ですがコード番号は「1001」となっています。

千の位の1は「主要道道」という意味で、「3」の場合は「一般道道」という意味になります。

もうひとつ例にあげると「道道201号線(一般道道岩見沢停車場線)」は路線番号が「201」でコード番号が「3201」になるのです。

路線番号が1000を超える場合、主要道道は路線番号「1001」に対してコード番号「2001」。一般道道は路線番号「1001」に対してコード番号「4001」…というふうになります。

ただし、平成6年の路線番号の見直しのときに主要道道は1~100番台というふうに振り直されたため、2000番台の数字は存在しなくなりました。

このコード番号はあくまで道路管理者の内部の数字なので通行人が知る由もないことなのですが、どういうわけか標識を設置するとき、この路線番号とコード番号がゴッチャにされる傾向があるようです。

1178よりもデカい数字を見かけたら、おそらくそれは路線番号とコード番号を間違って表示された標識です。

Dodo1000さらにど~でもいいトリビアですが、「道道1000号線(一般道道富士川上線)」は以前、現地の標識の路線番号が「000」と表示されていました。これはおそらく、標識を作る係の人が「千の位は内部用の数字だから標識には書かなくてもいい」と理解していたために、本当に必要だった一千番台の「1」まで削ってしまったのではないかと考えています。

Dodo1088これと似た例で「1088」号線が「088」号線と表示されていた例もあります。

Dodo5849また、どう考えても説明のつかない5千番台の標識も存在します。多分単純な間違いだと思いますが…。

←「道道849号線(一般道道日東東雲線)」

一般道道なので、どうせコード番号で間違うならば「3849」が正しい。

(間違いなのに正しいというのもヘンですが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

震災前のドライブレコーダー画像(岩沼市)

以前、カビの生えたビデオテープの復旧方法をご紹介したことがありましたが、 そのおかげで20年近く昔の古い画像がデジタル化できました。 その中で、震災・大津波被害を受ける前の太平洋沿岸の映像もありましたという話を書きましたので一部を掲載します。 人の不幸に関わることなので、あまり第三者が発信するのも好ましくないこともありますが、 ここにこういう映像がありますよということをお知らせすることで役に立つこともあるかもしれませんので。 掲載した写真は1997年11月23日の宮城県岩沼市の映像です。通ったルートはYahooマップをお借りしてその中に紫の線で書き入れました。

 Iwanuma_map

①岩沼市下野郷
(貞山堀・相の釜橋)
Iwanuma_shimonogo_2

②岩沼市押分二の倉
Iwanuma_ninokura

③岩沼市寺島
Iwanuma_terashima

掲載したのは写真ですが、元データはドライブレコーダーの動画ですので途中の部分もあります。 もし紫のルート上でピンポイントで希望があれば追加掲載します。 検索可能な住所で、あるいは図上の「○時○分○秒の交差点から右へ3つ目」とか、 明らかに映り込む建物の名前とかをコメントで詳しく書いていただければ結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

震災前のドライブレコーダー画像(名取市)

<以前、カビの生えたビデオテープの復旧方法をご紹介したことがありましたが、 そのおかげで20年近く昔の古い画像がデジタル化できました。

その中で、震災・大津波被害を受ける前の太平洋沿岸の映像もありましたという話を書きましたので一部を掲載します。

人の不幸に関わることなので、あまり第三者が発信するのも好ましくないこともありますが、 ここにこういう映像がありますよということをお知らせすることで役に立つこともあるかもしれませんので。

掲載した写真は1997年11月23日の宮城県名取市の映像です。通ったルートはYahooマップをお借りしてその中に紫の線で書き入れました。

▼①名取市井戸地区Natori_idoNatori_ido_map_2 
 ▼②名取市閖上地区Natori_yuriageNatori_yuriage_map

掲載したのは写真ですが、元データはドライブレコーダーの動画ですので途中の部分もあります。

もし紫のルート上でピンポイントで希望があれば追加掲載します。 検索可能な住所で、あるいは図上の「○時○分○秒の交差点から右へ3つ目」とか、 明らかに映り込む建物の名前とかをコメントで詳しく書いていただければ結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

震災前のドライブレコーダー画像(陸前高田市)

以前、カビの生えたビデオテープの復旧方法をご紹介したことがありましたが、 そのおかげで20年近く昔の古い画像がデジタル化できました。

その中で、震災・大津波被害を受ける前の太平洋沿岸の映像もありましたという話を書きましたので一部を掲載します。

人の不幸に関わることなので、あまり第三者が発信するのも好ましくないこともありますが、 ここにこういう映像がありますよということをお知らせすることで役に立つこともあるかもしれませんので。

Rikuzentakata 掲載した写真は1997年9月13日と、2011年12月30日の三陸海岸の中ほどにある岩手県陸前高田市の映像です。

1997年に通ったルートはYahooマップをお借りしてその中に紫の線で書き入れました。

掲載した写真の位置は①~④で示しています。

掲載したのは写真ですが、元データはドライブレコーダーの動画ですので途中の部分もあります。

もし紫のルート上でピンポイントで希望があれば追加掲載します。 検索可能な住所で、あるいは図上の「○時○分○秒の交差点から右へ3つ目」とか、 明らかに映り込む建物の名前とかをコメントで詳しく書いていただければ結構です。

Rikuzentakata1 ①東浜街道・陸前高田駅前

Rikuzentakata2 ②東浜街道・市民体育館前

Rikuzentakata3 ③東浜街道・沼田跨線橋下

Rikuzentakata4 ④国道45号・「道の駅高田松原」の東

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

郡山市・内環状線もうすぐ完成?

(更新記事:こちらに2010年4月29日現在の様子を記事にしています)

福島県郡山市は、福島県の2本の高速道路(東北道と磐越道)が交差する交通の要所で、新幹線も停まるし福島空港もすぐそこにあるという、非常に便利な場所にあります。

…と、こんな書き出しだと郡山市の市役所のホームページみたいですね(笑)

市民(実際に住んでいるマコ)の目からみて、やっぱり郡山市は便利だなと思うことが多いので、ちょっとご紹介してみました。そこで、郡山市内で新しく作っているとある道路工事の進み具合をご紹介しましょう。

このYAHOOマップの左から上へ弧を描くような道路があって、途中で線路を渡る部分で切れていますよね?この道路は「内環状線」といいまして、郡山南インターから郡山駅のまわりをグルッと環状に通過して、今工事中の橋(阿武隈川)を渡り、ここからは国道288号線として東へ進んで郡山東インターを通過、さらに三春バイパスへとつなぐ巨大なバイパスなのです。

実は郡山市内では、他と比べてそれほど渋滞は激しくないのですが、そんな中でかなりキビシめの渋滞があるのが「若葉町」というところの国道の交差点です。

五方向の交差点になってますので青信号の時間も短く、詰まりやすいのですね。そこで、この「内環状線」の完成が待たれているのです!

これまで「桑野・並木・桜木」という地区から線路の北側へ行くには西を通る4号バイパス(あさか野バイパス)か、東を通る旧4号線に大きく回り道しないといけないわけで、現実的には東側の旧4号線に行く人が多いのです。さらに、郡山駅方面に行く人もここを通りますので交通量が多めになります。

そこでこの内環状線が完成しますと線路の北側へ行きたい人は内環状線へ流れますので国道への集中が解消するというわけです!

Koriyama_uchikanjo3 で、実は去年の12月、線路を渡る部分だけ完成しました。写真は完成した橋で、南側から線路をはさんで北方向を写したものです。

残りは土の部分だけですのでもうちょっとで完成ですね!21年中にはできそうにみえます。

Koriyama_uchikanjo1 ちなみに、これが上の写真の逆側。線路を渡る橋を越えて南側の残った工事中の部分を写した写真です。いちおうクネクネとした迂回路経由で通り抜けはできるようになっています。

なお、この線路の北側の区域は閑静な住宅地なのですけど、マコがお気に入りのケーキ屋さん(シャトレーゼ)があるのですよ(*`▽´)ゞ

これからはかなりマコの体重が心配です(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

ひねくれマコのウラ読み

ニュースで耳にする言葉、特に政党の人とか、民放のコメンテーターとか、ズバズバものを言う人の言葉って、明らかに誰かを攻撃するように言葉を選んでいるよね。

マコが実際に聞いた例でも、アポなしで取材に来たテレビの人に「担当の者が不在ですので」と事前に連絡してから来るように促したところ、番組の中で会社のシルエット画面に大きく「取材拒否!」と赤い文字でドーンと放送された例があったらしい。

拒否は拒否だけど、これは意図的に「犯罪事実を隠そうとしている」という印象を与えようとするもので、そのことを会社が抗議しても「そんなこと一言も言ってません」とはぐらかそうということなのでちょう。

この話を聞いた時以来、マコはニュースなんかで万人受けすることをいう人のウラには何かそういう意図があるんじゃないかと疑うようになったのわ。

特にいま感じるのは「道路特定財源問題」!

民主党の言うことは文字通り聞けば不正や無駄をなくしてくれそうに聞こえるけど、それに加えて最近「総選挙」を早くやれという話が聞こえてくる。

そこでマコが考えるウラの見方。

今暫定税率が失効している弊害が発生するのはたぶん半年~1年後くらい。倒産する企業が増えたり、財政再建団体が続々出たりするかもしれまセン。

暫定税率の失効で無駄な道路ができなくなるんだと喜んでいた人の、その人の家の近くの道路事業がストップして、ようやく無駄という議論の難しさに人々が気づき始める人が増えてくるでちょう。

そうなると、力技で暫定税率を失効に追い込んだ民主党の政策に批判する人が増えてくるはず。

そんな時期に総選挙なんかやったら不利に決まっている。

大衆が気づく前に総選挙をやって政権を取り、後から批判が来ても自民党のせいにしてフタをすれば3年後にはみんな忘れてるだろう…

…というふうなウラがあるんじゃないかと。

ま、いち個人の勝手な憶測だけどネ。

でも本当だったら被害をこうむるのはいつも国民。こういう見方をする人がいてもいいんじゃない?

ちなみに、こないだ日銀総裁の裁決のときに賛成にまわった民主党議員が処分されたそうだけど、マコから見るとその議員こそ信念を持っていそう。もちろん党本部が腹黒くみえた。

こういう細かい事件で議員個人の資質を見極めるのはアリよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

福島県は速度取締りが厳しい

今日もマコが郡山に転勤してきて気づいた話の第2弾。

実はマコが引越しして最初に踏み込んだ郡山(正確には郡山市内に入る直前の本宮町)で、ウチノヒトが運転するマコ車が覆面パトカーにとっつかまってしまったのにゃ!ヽ(;´д`)ノ

100km規制の高速道路で123kmでお縄になってしまったのダ!!

ウチノヒトは普段から飛ばし屋なので、この20年以上つかまらなかったのが不思議なくらいなので、とうとう悪運もここまでかと年貢を納めることに。

(ー_ー)「はい。それじゃ、ここに住所と氏名を書いて」(←警察官)

(;゛д゛)「あのー、私いま住所不定なんですー」

(`▽´)「往生際が悪いわよ。」

転出届を出し、その日、郡山市役所に転入届を出すために急いでいたため、スピードが出すぎてしまったのわ。よって、住所不定というのは本当(笑)

それはさておき、マコが郡山に来てからというもの、1ヶ月も経ってないのに覆面やネズミトリなどの交通取締りをよく見かける。

つい一昨日も、郊外に紅葉狩りに出かけるときのこと。ウチノヒトは土がついた(違反点数が付いた)のでマコが運転していたら、カーブのすぐ先にパトカーが待ち構えてネズミトリを張っていた(40km規制の場所)。いつもならマコもウチノヒトも70~80キロは出していたと思われるところで、ウチノヒトはそこを通過したとき「( Д )」こんな顔になっていた(笑)

そのときマコは、たまたま、最近燃費が悪いのが気になっていたために徹底的なケチケチ運転に徹していたために、本当にたまたま40キロで走っていて助かったのにゃ…(ホッ)

そして今日も4号バイパスで覆面に捕まっている人をみつけた。うちの主人が仕事の関係で警察の方とお話できたとき、聞いた話では、特段いま速度取締りが厳しいというわけではないらしい(どちらかというと飲酒運転の取り締まりの徹底期間だという)。

やはり、福島県は速度規制の取締りが厳しい。

20キロオーバーは容赦なくつかまる。

東北道でつかまったときに警察官の方がポロッと言ってたけど、このあたりの人は覆面の車がわかるらしい。だから車列ができやすく、何も知らない県外者が列を一気に追い越すと御用になるという。

どうやら、福島県は取締りが厳しいというのは有名なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

新しい町の地図を覚える

マコ夫婦が仙台市から郡山市に引越してもうすぐ1ヶ月になりましゅ。

隣県のことだし郡山は初めてではなかったけれど、住むことを想定していなかったから地理にはさほど詳しくないのにゃ。

そこで、マコがナビをするときウチノヒトとこういう会話が交わされるのダ。

(・_・)「なぁ、ここってどのへんだ?」

(`▽´)「ここ?富久山ってところよ。」

(・_・)「それってどのへんなんだ?」

(#`▽´)「あなた、どういう答えが返って来る事を想定してるのよ。」

そう。新しい町では基準になるものが頭に入っていないので、どう答えてもしっくり来ないのにゃ!

そこで!気の利くマコはこう答えたのわ!

d(`▽´)「仙台で言えば北仙台のあたりよ」

∑(・O・)「おお!なるほど!そのあたりなのか!」

というふうに。つまり、たまたまなんだけど、仙台と郡山は駅を中心にした道路網がなんとなく似ているのダ!

Sendai ←仙台

あくまで「なんとなく」なんだけど、南北の幹線道路の右に駅があり、外周をまわる環状線があり、環状線の内側には格子状の道路網があるというのが似ているのわ。

Koriyama

 ←郡山

仙台では東側にバイパスがあるのが郡山にはないという違いはあるものの、西側はほぼ矛盾なく郡山の位置を仙台のどこかにおきかえることができるのダ。

地名では、 日和田→将監、安積→長町、亀田→折立、大槻→茂庭

通り名では、うねめ通→北四番丁通、あさか野バイパス→北環状、内環状→木町通

…という具合なのにゃ。こうすれば頭の中に地図を書き込むための「台紙」ができたようなものなのでとっても覚えやすいのにゃっ!

まぁ、実際にやってみるとちょっと無理があるけど、その無理がまた面白いのヨ。

(・_・)「郡山市役所ってどのへんにあるんだ?」

(`▽´)「さくら通沿いで内環状より西だから、仙台で言えば立町のラブホテル街ね。」

(;・д・)「ラブホテル街に市役所があるのかよっ!(違)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

北海道の行政区分

昨日の「○庁所在地≠最大都市」ではないという例が、北海道にあるという話の続きです。

Hokkaido2 本州以南の人はあまり知らないかもしれないけど、北海道は1つの都道府県でありながら、あまりに広いので「支庁」という区分があるのダ。

本州にも「支庁」という建物がある県があるけど、あれは単なる県庁の分庁舎みたいなもので、正式な行政区分ではないのね。だけど、北海道はちゃんと正式な区分があり、中学校や高校で使う地図帳にも載っている。

これは県と同じようなものなので、ちゃんと「支庁所在地」という呼び方もある。

(支庁名) (支庁所在地) (最大都市)
石狩(イシカリ)   札幌市   札幌市
空知(ソラチ)   岩見沢市  岩見沢市
後志(シリベシ)  倶知安町  小樽市
胆振(イブリ)   室蘭市   苫小牧市
日高(ヒダカ)   浦河町   浦河町
渡島(オシマ)   函館市   函館市
檜山(ヒヤマ)   江差町   江差町
上川(カミカワ)   旭川市   旭川市
留萌(ルモイ)   留萌市   留萌市
宗谷(ソウヤ)   稚内市   稚内市
十勝(トカチ)   帯広市   帯広市
釧路(クシロ)   釧路市   釧路市
根室(ネムロ)   根室市   根室市
網走(アバシリ)  網走市   北見市

Hokkaido3 こんなふうに北海道には14個の区分(「~支庁」という呼び方の他に「~地方」という呼び方もあります)がある。その中に、このとおり3つ、最大都市と支庁所在地が食い違うところがあるのね。全国の県では4つしかなくても、北海道ではすでに3つあるので、マコにはたいして珍しいことに感じなかったわけなのです。

ちなみに補足。「北見地方」「紋別地方」という呼び方があるけど、これは「網走支庁」の一部であって、網走支庁が広すぎるために天気予報の便宜のためにソレ用に区分されたもので、正式な呼び方ではない。

さて、せっかくなのでさらに補足。本州の人は北海道の高速道路がなんであんなすみずみにまで張り巡らせるのだろうとよく疑問に思う(いや、疑問に思う前に無駄という先入観で見ている)わよね。

そう思うたいていの人はおそらく北海道の支庁の行政システムを知らないのだと思うわ。

Hokkaido4 これを見てちょうだい。上の支庁所在地に北海道の高速道路計画図を重ねたのがコレ。支庁所在地のマル印がないと、なんでそんなに道路に枝葉がいるの??って思う図が、これなら一目瞭然、説明はいらないでしょ?

北海道は広すぎるために札幌市がなんでも中心になるわけにはいかず、この支庁が中心になって体系が作られているの。

たとえば、十勝沖地震が起こったとき、札幌市に災害対策本部ができたって現地まで5時間以上もかかるので満足に機能しないけど、帯広市なら1~2時間で支庁内のどの現地にも到着できる。もちろん、救急医療体制も同様ね。

それにしても珍しいのは、「○庁所在地」が「市」じゃなくて「町」ってのが2つもあることかな。なぜ後志支庁の支庁所在地が小樽市でないのか北海道の人にとっても不思議なのダ。

※追記:現在は「支庁」ではなく「振興局」という呼び方に変わっていて、さらに「網走支庁」だけは地名の部分まで変わって「オホーツク総合振興局」というふうになっています。でも網走地方って相変わらず言ってますがw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

自然渋滞が続くメカニズム

マコは会社で道路行政関係の事務の仕事をしているのでこういう情報はよく目に付くのね。で、今回はマコのお気に入りサイト「日本の道を診る」さんでピックアップされている渋滞について、マコもひとつ興味深いお話をご紹介ちまちょう。

これはマコの会社で取っている月刊誌「道路(日本道路協会)」という書物でかなり前に出てきた解説を、マコの記憶と脚色でいいかげんに味付けしてみたのわw

有名な落語ネタで、「渋滞の先頭は前に何もいないのになんで先に進まないんでしょうね~」なんていうのがあったよね。地下鉄はどこから中に入れるんでしょう~なんていうネタと同じように、笑えるけど考えてみれば本当になんで?って思えてしまうからウケるんだろね。

だけど、たいていの人は「赤信号で停まってる」「料金所で停まってる」「工事で停まってる」「右折待ちの後で停まってる」などのようなところは容易に想像ができるので、渋滞にハマった人は赤信号→警察、料金所→(旧)公団、工事・右折→道路管理者のようなところに苦情をガンガン入れて、全くお役所の役人は利用者の方を向いていなくてケシカラン(#`д´)=3プンプン

…と思っていることでしょう。

ところが、実際によく渋滞にハマった人の経験として、渋滞を抜けたときに明らかに「コイツのせいだ」と思うような物が必ずしも無い…ってことがよくあるでしょ?

実はそういう渋滞の方が多く、マコの前の日記にも書いたように実際に道路が通せる車の量(=交通容量)以上に車が殺到するために起こる渋滞を「自然渋滞」というというふうに説明されていましゅ。

じゃあ、容量を増やせばいいじゃないの!と思うかもしれないけど、実はそう簡単にはいかにゃい。マコの前の日記にも書いたとおり、

Kotsu1 交通容量を越える車が殺到しても、全員が速度違反をしていれば渋滞は起きないのわ。ところが!

Kotsu2 ここでたった1台が路上駐車をして車線を塞いだ場合、後続車がどんどん溜まっていく(ただこの時点では自然渋滞ではない)。ここで駐車車輌がいなくなったとき、渋滞はすぐ解消するのかというと実はここがポイント。

Kotsu3 交通容量が100%を越えている間は原因車輌を取り除いてもいつまでたっても渋滞は解消しないのダ!!(ここで自然渋滞となる)。

渋滞ゾーンを抜けて出る車の台数よりも、渋滞ゾーンに入る車の台数のほうが多い限り、渋滞ゾーン内の台数が増え続けるので障害物がなにもなくても渋滞が解消しないのにゃ。

視点を変えると、
(1)車間距離100mで時速60キロで流れている場合
(2)車間距離10mで時速6キロで流れている場合
上の例で(1)は渋滞じゃないけど、(2)は渋滞でしょ。でも、通過交通量は同じなのがわかるかな?(車長は無視ねw)

つまり、ひとたび車間がつまってしまうと、渋滞の最後尾につく車が減らないと延々と原因不明な渋滞が続くことになる。

交通容量に対して150%の台数がビュンビュン走っているところでそんなことがおこると、渋滞のせいで速度違反ができず、100%の台数しか通れなくなる。オーバーした50%の車はとたんにどんどん渋滞の最後尾にたまっていき、渋滞はさらに激しくなっていくわけなのダ。だから交通容量を1割や2割増すような改良をしても解消しないのよ。

これは当然違法駐車者が原因だけど、原因者は渋滞発生の最初の時点でいなくなるから罪の意識は小さい、というか、自分が渋滞の原因だと気づいていないことが多いんじゃないかな?

自然渋滞を防ぐには、原因となる行為をやめさせないといけないのダ!路駐なんてもってのほか!そのほかにもトンネルの入口でついブレーキを踏んでしまうとかいう地味な原因もある。

あと、月刊道路でも「車間を詰めて走ってはいけない」という結論を出していたと思うけど、現実的に車間を開けて走ると割り込まれるだけなので対策にならないと思う。

マコが思うには、滞留車がどんどん渋滞ゾーンを抜け出ればいいので、「渋滞を抜けたと思ったら一気に加速よっΣd(゜∀゜)」が現実的に一番だと思うんだけどナーw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧