2016年10月 2日 (日)

ついにカーナビ(NR-MZ100)を買いました

マコ家の車にもついにカーナビを付けました!

三菱電機の「DIATONE SOUND.NAVI NR-MZ100」という機種です。

まだ付けたばかりで使い方が解らないところが多いのですが、疑問が解決したら他の人の役に立つかもしれないので書き留めていきます。

(疑問1)「DriveConnect」という機能が使えません/Wi-Fi接続ができません

Q1お店情報や開通情報、渋滞情報などをWEB経由で検索表示する機能があるようなのですが、説明書によると「MENU」→「DriveConnect」と進むべきところ、ドライブコネクトのアイコンが暗くなっていて押ささらないのです。Q1_1押しても「回線接続可能な機器がありません」と表示されます。VICSメニューでも同じように「オンラインで受信する」を押しても同じエラーが出ます。機器の接続状態は、取扱説明書(基本操作版)の79ページにあるUSB接続ケーブルでiPhone6Sを接続した状態でした。

(解決事例:2016/10/2)

原因はスマホ側の設定でした。ちなみにナビとアイフォンを接続する場合、こちらの適合表でBluetoothかWi-Fiのどっちで接続すべきかを確認しましょう。マコの場合iPhone6SなのでWi-Fiじゃなければなりませんでした。

まずiPhoneの画面から「設定」-「Wi-Fi(ON)」-(戻る)-「インターネット共有(ON)」(←これ重要!)
この時、USB接続ケーブルは必要ありませんでした。ナビの前で持っていればOKです。インターネット共有の画面に後でナビに入れるパスワードが表示されているはずですので、画面そのままでナビ画面の操作に移ります。

ナビの側では「MENU」-「設定・編集」-「通信」-「Wi-Fiの設定」-「Wi-Fi動作モード設定→ON」-「Wi-Fi機器の設定/登録(設定する)」-「検索」

すると画面に「○○のiPhone」というようにスマホ名が画面に出てきます。このスマホ名はiTunesに接続したときに表示される名前と同じです。ただ、名前の右に電波の強さのマークが出てきますが、灰色だと接続に失敗しますので、電波マークが白くならない場合は通信がつながるまで「検索」を何度か押します。5分くらいかかることもありました。つまり、スマホから電波が出ているのでそれをナビ側にキャッチさせるのですね。しかもそのスマホもWEBにつながっていないといけないわけですから、周囲の通信環境によって接続の成功率も変わってきそうです。

今後も新たにわからないことが解決したら書き足していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

小幌駅ノートコンテナ水没事件

ななななんと!

マコがご紹介した「礼文華観光案内」の作者さんからコメントをもらってしまいました~!

まるで芸能人のことをブログに書いたらその芸能人本人からコメントが来たようなビックリ感ですwww

実は観光案内の本をこんど国道37号線を走る機会があった時に礼文駅前に立ち寄って買おうかと思ってたのですが、入手方法をご紹介いただけたので助かってしまいました(#^-^#)

さて、これだけならコメントへの返信だけでよかったのですが、どうやら事件が発生しているようなので1トピックとして記事にしました。

作者の雅さんのツィッターによると、前の記事でマコが写真を紹介していたノートの入ったコンテナが水没する事件があったそうなのです。

マコも写真を撮っているので参考になるかどうか書き留めておきますね。

Container2これがそのコンテナです。ごみ箱ではありません。

室蘭方向のホームの「こぼろ」の駅名看板のすぐわきにありまして、観光案内の冊子、駅ノート、記念撮影用の特大キップ、温度計などが入っています。

雅さんのツィッターによると6月18日~19日ごろにこのコンテナが水没しちゃったらしいのです。

Container1マコが行ったのは6月11日。この時点でもコンテナは水没こそしていなかったけど、ノート類がビチャビチャだったのです。

この写真はドライブレコーダーを手に持って撮ったもので、たまたまコンテナの中にフレームが向いただけなのでじっくり撮ってはいませんでしたが、中は水面は見えない程度なのはわかりますね。底に1~2cmくらい水がたまっていました。

湿気取りも入っていたけど満水にはなってなかったので、この時点で水没はまだしていなかったようです。ただ、そのわりにはケースに入ってるノートが濡れすぎているような。雨が入ったのかな…とも思いましたが、今まで水没することはなかったらしいのです。

するとやっぱり誰かのイタズラ!?(゜Д゜;)

…とも考えにくいです。周りに水道ありませんし、沢もホームからだいぶ下なので水が汲めるほど近くありません。

海は近いと言えば近いですが、高低差40m以上の海の水をコンテナ一杯分汲んでくるような壮大なイタズラできる根性のある人は、そんな曲がったことしないでしょうし。それに、最近は観光客が多くてそんなイタズラしてたら筒抜けです。

やっぱり雨が溜まった説が有力かなぁ。

マコが行った11日から19日までの雨量ですが、前の記事で紹介している「大岸」というポイントに気象庁のアメダスがあり、こんなデータがありました。

6/** 11 12 13 14 15 16 17 18 19
日雨量 0.0 0.0 36.0 8.5 0.0 7.5 35.5 1.0 0.0

一日に30ミリを超える雨量は、このあたりにしてはまとまった雨ですが、フタが開いて蒸発しなかったとしても10cmくらい。水没はしない量ですね。

ただ、6月17日の大雨はマコが住む胆振地方の東部では130ミリに達した地域があります。小幌のように南に向いたV字の谷地形だと雨雲がせき止められて集中豪雨になった可能性があります。

一つの仮説としては、コンテナのフタが開いた状態で集中豪雨にみまわれ、コンテナのすぐ裏にある笹がちょうどコンテナの上に垂れてきて周囲に降った雨を集めてコンテナの中に注ぎいれてしまった…とか。

ひとつ対策を思いついたんですが、コンテナの底にキリで水抜き穴を開けるのってダメかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

秘境駅「小幌駅」に行ってきました。

マコ夫婦は旅行好きで、もっぱら車利用が中心です。鉄道旅行も嫌いではありませんが荷物の持ち運びや地方部での不便があるので、やっぱり車を選んでしまいます。

ところが今回、車では行けない「秘境駅」としてファンの間では有名な、北海道室蘭本線にある「小幌駅」に旅行に行ってきました。(「こぼろ」と読みます)

なぜ車で行けないのかというと、こちらのGoogleMAPを見ていただけるとわかります。実は車で…どころか、歩いてすらも行けないのです!

グーグルの地図には国道から点線みたいのが伸びてるから、ケモノ道はあるんじゃないの?…と勘違いされる方がいるかもしれませんが、これはケモノ道ではなくて町境です。駅の北側は絶壁と川で近づけないのです。

まぁ、歩いて行き来する方法はなくはないので、後ほどご紹介しますが、いかに生活道路から隔絶されたところかはこの写真を見れば何となくわかっていただけるかと思います。

■室蘭方向ホームKoboro_east

この左側の森の先に国道がありますが急斜面や沢があってそのまま進むことはできません。また、ホームの端っこにも鉄道敷地のため立ち入り禁止のロープが張られてて、入ったら怒られそうです。

■長万部方向ホームKoboro_southeast_2

この右側の森の先には海水浴場や洞窟があります。上下のホームの間は踏切のある通路でつながっていますので行き来できます。特急が通ると風圧がすごいのと、両側がトンネルで近づくのがわからないので怖いです。もちろんアナウンスはかかりますけど。

■長万部方向のトンネルKoboro_west

上の2枚は室蘭側の方向を見ています。左の写真は長万部側の方向です。どちらもすぐトンネルがあり、駅そのものがトンネルの間の短い隙間に挟まれるように置かれているのがわかりますね。

■駅から海側を望むKoboro_south

奥に見える2つの建物はトイレと鉄道員用の詰所です。このトイレの左側の茂みを進んでいくと「岩屋観音」「禁漁」の看板があり、岩屋観音までは30分以上の道のりがあるそうですが、禁漁の看板の先には徒歩7~8分で海水浴場に着きます。急な勾配のケモノ道で、雨の日や冬は踏み込まない方がよさそうです。

さて、ここに来る方法ですが、各駅停車の普通列車しかありません。しかも1日上下計6本しかありませんので乗り過ごしてしまうと何時間も待つハメになります。

そう聞くと、遠方から来る人や車移動の人は足が遠のきそうですが、意外とダイヤは恵まれています。以下の表が、小幌を中心にした上下の時刻表です。(平日も土日も同じ)

長万部 小幌  大岸  東室蘭
8:55 8:38 8:25 7:22
15:32 15:13 14:59 13:55
15:26 15:44 15:55 16:56
17:56 17:39 17:26 16:17
19:28 19:46 19:58 21:05
20:21 20:04 19:51 18:52

海水浴場との行き来は所要20分。岩屋観音との行き来は所要1時間半。つまり、小幌駅周辺をすべて見尽くすには2時間ほどかかるのですが、列車の時刻はちょうど2時間間隔くらいになっています。

また、そこまで根気入れなくても、とりあえずちょっとだけ行って雰囲気だけ見たい…という人には15時台に30分間隔という丁度いいダイヤがあるのです。マコもここを狙いました。

Ookishiさらに、車で行きたい人に丁度いい場所があります。小幌から室蘭側に2駅先の「大岸駅」です。見てのとおり何台でも駐車可能です(もちろん無料)。

しかもここからなら小幌まで260円と格安。

14:59大岸→15:13小幌

滞在時間31分で海水浴場まで行ってきて駅周辺で記念撮影。

15:44小幌→15:55大岸

なんと、1時間もかからずに小幌まで行って帰ってきました。

ちょっとした物珍しさを味わいたい方はぜひお試しあれ!

ところで、小幌から陸路で脱出する方法があるのかどうか、ですが、実は可能なんだそうです。駅から国道へまっすぐ向かうのではなく、一度海側の山の高いところまでのぼり、沢のない尾根づたいに国道に近づいていくという方法があるらしいです。

Guideただ、片手に物を持って歩くにはキツい道のりらしいです。この道のりを何で知ったかというと、小幌駅の室蘭方向のホームの上にポリバケツのようなものが置いてあり、この中に周辺のガイドが入っていたので読んでみたんです。雨が入ってベチョベチョでしたが(笑)

この「礼文華観光案内」という冊子ですが、カワイイ挿絵付きでシャレてるな~と思ったら、なんとコミックとして売ってるじゃありませんか!(→「COMIC ZIN 通信販売」)

しかも、この通信販売の画面にサンプルが出てまして、陸路の地図がちょっと見られます。

ただ、通信販売は終わっちゃったようなので、どうやら礼文駅前の理髪店で委託販売しているらしいです。詳しくは、この本を執筆している方のWEBページがありましたのでご覧ください。なんと、駅ノート等の諸々の管理や駅周辺の清掃もされているらしいです。感謝して使いましょう!

また、nicovideoで陸路攻略映像を公開している方もいらっしゃいますね。しかも冬に!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

平成28年GWに熊本県に旅行に行ってきました

被災地に観光に行くなんて不謹慎な!

…と思った方。

そういう方は風評被害を広める加害者になりうるので気を付けましょう。他人に対して言葉に出して言う事は被災者の首を絞めることになります。

マコ夫婦は東日本大震災でも被災しつつも客商売ではないので風評被害を直接受ける立場ではありませんでしたが、周囲にそういう被害で苦しんでいる人を実際に見て話しも聞いていましたので、今回地震前から予約していた熊本旅行を中止しませんでした。

被災地と言っても、避難生活をしている地域と、その周囲のこれまでどおりの経済活動をしている地域があります。

観光客を受け入れることができるかどうかは他所の地域からはわかりにくいところもありますが、復興に協力する気があるのならば可能な限り地域経済の活性化のために行ってお金を使うべきでしょう。

特にそういう情報収集能力のない外国人客が一斉に予約キャンセルを入れているので地元では大打撃を受けています。日本人くらい正確な情報を確認して適切な動きをしましょう。

Kumamoto_hokubuマコ夫婦は平成28年5月2日~3日にかけて左の図のようなルートを走りました。青線が走った道路、赤いバツが通行止めでゲートが閉まっていた場所です。意外となんともなかった印象です。日田市から杖立温泉の間の国道212号が通れなかったのがちょっとだけ不便しましたが。

ここは熊本県北部で、震源からも遠く、マコが滞在した2日間には1度も地震を感じることはありませんでした。(車で走ってた時間は小さい揺れはわかりませんが。)

※地図はYahooMAPから引用しました。

Hizenya利用した杖立温泉や黒川温泉はやはり閑散としていました。聞くところでは本来は駐車場に入れないほどの混雑になるそうですが、実際は写真のとおりです。

マコ夫婦が泊まったひぜんやさんで見る限り、施設はほとんど被害を受けておらず、断水もしていませんでした。

従業員さんにも聞いてみましたが、やはりキャンセルが多数入り、雇用に危機を感じるほどだそうです。

まだ連休も数日ありますので、行こうかどうか迷ってる人は行きましょう!

行ってお金を使ってきましょう!

不謹慎とかじゃなく、「自分の身に危険を感じる」という方も、被災地の人を思うのなら少々のリスクは分かち合いましょう。そもそも日本に安全なところなどないわけですから。

参考に、被害情報も載せておきましょう。

(1)黒川温泉

「入湯手形」を使えるところは通常の約8~9割。数か所は被害を受けて休止中のところがありました。ピンポイントで行きたいところがある場合は黒川温泉観光旅館協同組合のサイトで確認してみましょう。

(2)大観峰・涅槃像

トイレの水が断水していますが、手を洗うことはできました。また、自衛隊の救援部隊が通信中継のために設営を行っており、展望台の一角に設備を置いていますが、展望台の利用に支障はありません。

(3)小国町の鍋ヶ滝

滝つぼの裏側に入れるというのが売りでしたが、滝の側面で落石があったために裏側は立ち入り禁止でした。近くで見ることはできます。警備員さんの話では、余震がおさまれば入れるようになるのでは、ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

商店街めぐり(83)~千葉市・駅前

平成24年10月8日に千葉県千葉市駅前周辺の商店街を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Chiba

【全体イメージ】

まだ駅前しか見ていませんが第一印象は「町をビルに集約したような街並み」という感じで、アーケード街がなく、テナント型のビルにお店が集まっています。商店街好きなマコ夫婦にとってはちょっと物足りなさを感じました。

やっぱり東京へ1時間で行ける距離というのは商店街が生き残るには過酷な条件なのでしょうか…。


C-ONEシーワン)(HP
C_one
アーケードタイプ:ビルテナント型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:線路の高架下がファッションビルのようになっています。千葉駅と接している部分だけ「ペリエ(1F)」「ペリチカ(B1)」と呼んでいますが、道路を一本渡るとシーワンというテナント街になります。パシオスの前まではデパートのように広いフロアのようになっていますが国道より東は真ん中に自由通路があって両サイドにテナントごとにブロックになっていまして、街路として見られることからここだけ商店街の着色をしました。売っているものは若者向けファッションや雑貨など。テナントに並行して道路があり、多くの飲食店がこの道路に面しているので一体として使えます。


富士見町商店街
Fujimicho
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:この近辺では唯一(?)商店街らしい通りでした。ガッツリ食べるのに適した飲食店が多いイメージです。やはり若者向けですね。売っているものも若者向けファッションが主で、カラオケのような遊ぶ所もあります。千葉駅からパルコまでの間で半分くらい屋内を通っていけるルートなので人通りが多いです。ただ、この通りには商店街や通りの名前を示すものが全くなく、表題の商店街名はWEBで検索して知りました。ちなみに、この一方通行の細い道は国道14号線です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

紀伊勝浦町の「ホテル浦島」に行ってきました。

平成24年6月29日、和歌山県の紀伊勝浦町に旅行に行き、「ホテル浦島」に泊まってきました。

ここのウリはなんといっても洞窟のお風呂!

ホテルの公式サイトでもこの自然の地形を利用したすばらしい写真が載っていますね。

さて、この温泉に入りたくていろいろ調べたりしたんですが、行く前にいろいろと心配なことがありました。

電車の便から、17時について、翌日のお昼には出発なんですが、全部のお風呂を回るのにどのくらいの時間がかかるのか!

Yahoo_mapしかも昼と夜では景色が違いますから、できれば2周りしたいんです。そこでYahooマップでこの付近の地図を見てみました。

広いっ!!…しかも、岩場らしく、かなり高低差がありますね。

夜中にこんな場所を移動できるのでしょうか?!…という心配が最初はありましたが、ご心配なく!Yahooマップでは建物が書かれていませんが、すべての温泉は屋内で通じています。

Hotel_urashima_mapこれがホテルの管内図です。一見すると長い廊下のようなものがありますが、実はトンネルです。

一見するだけだとトンネルのようには見えないけど、よくよく天井を見るとコンクリートのアーチのようになっている部分もあります。

さらに、山のうえの温泉は約80mも標高があって、長~いエスカレータやエレベーターもあります。

Tunnelなんと1階の次はいきなり32階になっていました。

温泉の質はさほど珍しいものではないようですが、なんといっても景色がスゴイ!

そして、その温泉の間を複雑な廊下を渡り歩いていくという冒険旅行みたいな感覚がいいんですね。

紀伊半島は天気が悪いことが多いから、海沿いのお風呂は波しぶきがお風呂に飛び込んでくることも実際にありました。自然を満喫できるすばらしい温泉でした!

お風呂の写真はさすがに撮れませんので公式HPでご覧ください…。

そのかわり、ホテル浦島の全景の模型があったので写真をつなぎあわせてみました。

Mokei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

松前公園の桜と松前城

5月12日(土)、北海道松前町の松前公園に桜を見に行ってきました。

時期が遅いように思われるかもしれませんが、松前公園の「さくらまつり」は4/29~5/20までやっています。

マコ夫婦も知らなかったんですが、松前の桜は「ソメイヨシノ」はほんの一部だけで、もっと遅咲きの桜が何十種類も植えられているのです!

Nadenこんなに桜に種類があるとは知りませんでした。

「南殿」「糸括」という種類が多いですね。

ソメイヨシノよりも花びらがギッシリと付いていて色も鮮やか。

桜の木に小さなバラがたくさん咲いてるような感じでした。

Itokukuri公園内(松前藩屋敷前)には駐車場がありますが祭り期間中は500円取られるようです。

公園をグルッと1週する
つもりならば無料の「道の駅北前舟松前」に車を停めても歩く距離はさほど変わりません(5/12だとガラガラでしたが、連休期間中はどうだったのかな…?)。

Tunnel公園をグルッと回るのは歩く距離にして3キロほど、かなりいい運動になりました。見どころは3つあります。

1つ目は桜のトンネル!

園内のどこを歩いてもいろんな種類の桜があり、しかもほとんどの木に名札が付いていて勉強になります。桜専門の植物園だと思ってもいいかも。桜というと淡いピンクのイメージですが、黄緑色のもあるんですね。ソメイヨシノは散りかけでしたが、他の桜は見頃でした。

Matsumae_castle2つ目はシンボルの松前城です(入場料350円)。

北海道でお城ってここが唯一でしょうね。でも残念ながら、今ある松前城は戦後間もないころに火災で焼失して復
元されたもののようです。

鉄筋コンクリート造りで内部はただの資料館みたいになっており、ちょっと味気なくてガッカリでした。

Jidai3つ目は松前藩屋敷です(入場料350円)。

映画のセットみたいな昔の街並みが再現されていて、奉行所や「そちも悪よのぅ」で有名な越後屋なんかがあります。

奉行所にはちゃんとお代官様の人形も置いてありますが越後屋のご主人はいませんでした(笑)。

ビックリしたのは、その建物にあがりこんでもいいというところです(もちろん靴を脱いで)。中に置いてあるたんすや瀬戸物、着物なども触れます。よく盗まれませんねー…。最初は入っても大したことないかなと思いましたが、意外と面白かったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

夕張市滝ノ上公園の紅葉

先週、平成23年10月22日に、夕張市滝ノ上にある滝ノ上公園に行ってきました。

Takinoue1滝ノ上の地名の由来になっている滝は、落差が高いとか、しぶきが激しいとか、そういうのではなく、左の写真のように傾いた地層の隙間からスジ状に流れる不思議さが魅力ですね~。

滝といえば雄大さのイメージがありますが、ここはむしろ「造形美」です!

Takinoue2遊歩道は1週1キロくらいで散歩気分でまわれます。

こんな吊り橋もあり、JR石勝線からも見えます。

以前電車の窓からこの吊り橋が見えたとき、「あら!こんなところにキレイな公園がある~」と思い、ずっと来たかったのです。

Takinoue3そして肝心の紅葉です!

ほら、こんなに見事に色づいていました。北海道は真っ赤になるヤマモミジが少ないので、植林してある公園のほうがイイですね。

この日は雨降りでしたが、色づきは最高でしたよ!おそらく10月いっぱいまでは大丈夫なんじゃないかな?

ちなみに平成23年10月29日土曜日に高速道路(夕張~占冠)が開通しますので、来た人はついでに寄っていくとイイですヨ♪

Takinoue4 それから、こんな珍しいモミジもありました。

途中まで真っ赤・途中まで黄色というふうにクッキリ分かれている葉っぱばっかりですね。

どういうメカニズムなんでしょう?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

遠軽町コスモス園

北海道のオホーツク海側にある遠軽町では、広大なコスモス園があるということで、この敬老の日の連休に行ってまいりました。

Engaru_cosmos_en 毎年9月の前後が見ごろで、9月14 日は「コスモスの日」というんだそうです。

ならば9月19日ならちょうど満開のはず…なのですが…行ってみたらこんな感じでした。

青い、ですね。

もっと密に咲いてるイメージだったんですが。

Ticket 入場券に移ってる写真と同じ場所を比べてみますと、やっぱり青いです。

なぜなのかそこの館長さんに聞いてみたところ、先日の台風や大雨で花が飛んでしまったそうです。

また台風かよっ!ヽ(#`Д´)ノ

先日、神威岬ががけ崩れで行けなかった理由と同じ台風みたいですから、なんともメイワクな台風です。

Flower_cosmos せっかく行く時期はピッタリだったのに、肝心の花はまばらでした。

さすがに館長さんも「これでは入場料もらうわけにはいかないな」とつぶやいておられましたので、HPを見たところ、今年は9月21日以降は入場無料にするそうです(もちろん今年平成23年に限った話ですヨ)。

残念ですが自然現象なので仕方がない。来年また来ることにしましょう。HPでライブカメラも見れますからチェックしていくのがいいですね。

Ganbo_iwa 残念ついでに、ここのすぐそばに瞰望岩(がんぼういわ)という断崖があり、町を一望できる所にも行きました。

落差78mもある断崖絶壁の上に東屋があるのですが、なんと、柵も手すりもありません。本当に落ちる人がいないんでしょうか?!

ここまで監視員とかいなかったから、夜でも冬でも来れるだろうし、転んだり滑ったりしたら真っ逆さま?!

この写真を撮るだけで体がゾクゾクしてしまいましたw

寒さというと、ほんの2日前の9月17日、札幌の深夜午前1時の気温が25.2度あったのに、この日の昼間の北見峠で8度まで下がりました。差が激しすぎ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

神威岬灯台へ行ってきませんでした

平成23年9月11日に北海道の西部、積丹(しゃこたん)半島の先端にあたる神威(かむい)岬に行ってきました。

…いえ、行ったけど、行けなかったんですね(笑)

Kamuimisaki_gate 駐車場から300mくらい歩いたところにこんなゲートがありまして、入れなかったんです…ヽ(;´д`)ノ

女人禁制と書いていますが、これは伝説のためなので、実際には入れるんですが、どうやら本当は土砂崩れで入れないようです。

「強風のため通行止」、とも書いてありますが、これはこのゲートに常時貼ってあるものなんでしょう。

Kamuimisaki このゲートから右のほう100mほどのところに展望台がありまして、岬のほうを見ることはできました。

なんとなく崩れてるっぽいところがありますね。おそらくそこで索道が宙ぶらりんになって危なくて通れないんでしょう。

ちょうどこの1週間前に台風が近くを通ったのでそのときに崩れたようです。

実況がどうなのかについては積丹町のホームページに載って…いませんでしたが、積丹町公式ホームページのBBS掲示板で観光協会の方が答えてくれるようですので、ここで最新情報は入手可能なようです。

Letao_pathos せっかく札幌から神威岬まで約100キロ以上走って行ったので、そのまま帰るのはもったいないということで、小樽市内の有名菓子店「ルタオ」でその支店限定メニューを味わってきました。

小樽運河で有名な堺町にルタオ(leTAO)のお店があちこちにあるんですが、ここはパトス(pathos)という支店でした。

甘いもののあとはしょっぱいものが欲しくなるもの。

Ankake_yakisoba 「あんかけ焼きそば」が小樽の名物なのです。

堺町ではあまり見かけませんので、小樽駅前の都通り商店街に行きましょう。

庶民的な食堂で普通にあちこちで食べられます。

ふつうの焦げ目のある香ばしい焼きそばもありますし、焼きビーフンみたいなパリパリな焼きそばもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧