« シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(1)~自然体で最大人口はどのくらい行く? | トップページ | シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(3)~一般道不要のインフラ編 »

2023年12月19日 (火)

シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(2)~過去プレイの反省編

私が今までプレイしたマップは2つで、1回目の最大が60万、2回目の最大が62万だったので、概ねこのくらいが天井かな…という感じですが、こうすればもっと良かったなぁ、という点がいくつもあったので、もう少し伸びしろがあるような気がしています。

そこで、今回はその反省を生かすような形で挑戦したいと思います。

◆人口が頭打ちになる理由

①余白の不足

プレステ版ではメモリの都合でエリアを9区画までしか拡げることができません。なので、人口を増やすということは人口密度を最大まで高めることを意味しますので、いかに無駄な余白をなくすか、ということが大事です。これまでの2回の反省から、余白を減らす方法を突き詰めていきたいと思います。

②物資の供給不足

人口が60万人を超えてくると、需要バーが伸びなくなってきます。住居・商業・産業の3本ともバーがないときはオフィス区画で余白を埋めるしかないのですが、オフィスの求人は産業区画の半分しかないので、オフィス区画が多い街はまだ伸びしろがあるはずなのです。需要バーが伸びない根本的な理由は産業地区の供給力が限界になっているためらしく、無理に産業地区を拡げても「原材料がありません」と出て廃墟になってしまう工場が続発します。その結果、商業地区では「販売する商品がありません」と出て廃墟になり、住居地区は空き地のまま…となり人口が頭打ちになります。

過去のプレイで物資の供給が滞った理由は、貨物駅で列車が渋滞したり、貨物港の内部に出発待ちのトラックが溜まったりてしまうことでした。次回はこの対策をしっかりしようと思います。

③税率やサービス

税金や公共サービスの料金は上げるほど市民は逃げていくので税率を下げて公共サービスの予算を増やせば人口が増える方向に働きます。しかし収入と支出をバランスさせなければいけないので税率を下げるのも限界があります。プレステ版では予算∞というモードがあるので、これを試しに使ってみる方向で考えています。

◆反省を生かした実験の準備

①余白の不足対策

通常プレイでも山を崩して川や海を埋めてしまうことは可能なのですが、プレイ中盤で段差が生じてしまうとマップ全体をまっ平らにするのが困難になるので、プレステ版のゲームスタート時に設定できる「チート」をアリにして、スタート時点からフィールドをまっ平らにしてスタートしてみようと思います。他所の人のプレイを邪道と言っておきながらチートをアリにするのは自己矛盾では?…とも思いましたが、あくまで最大人口を試す実験です!

Flat

実際にやってみました。これは「サンデービーチ」というマップの右下部分です。

▼この部分です。
Sunday_beach

この部分は川がないので治水を考える必要がありません。また、このマップを選んだ理由は、現代風の建物が建つマップだからです。小さな差ですが、西欧風の建物が建つマップはお勧めできません。西欧風の建物が建つのか現代風の建物が建つのかはスタートのマップ選びの画面の右側に表示されている「基本テーマ」の部分で判別できます。「ヨーロッパ風」だと西欧風、「温帯」「寒帯」「熱帯」だと現代風になります。

Basic_theme

西欧風マップでは高密度地区の建物が細かくなりやすく、せっかく4×4の建物が建つように土地を用意してあるのに、勝手に小さな建物が建ってしまって奥のほうに空地ができてしまうことがよくあります。特に角地で建物が細分化されてしまいやすく、キャパシティが減ってしまいます。

Small_house

さらに、西欧風マップでは現代風のマップよりも学校や病院のサイズが大きく、しかも奥行きが13マスとか9マスとか、4×4の建物が丁度入るように敷いた区画にピッタリはまらない施設が多くてとても邪魔になります。

  病院  大学 
西欧風マップ  10×9 13×12
現代風マップ  10×8 14×8

Hospital

College

②物資の供給不足対策

このマップを選んだ理由は、港が2箇所可能、高速道路が3方向、鉄道が3方向ある、ということです。窓口を増やすのが手っ取り早いですから。さらに、今回は予算の面で運輸関係の予算を増やしてみます。船や鉄道の便数が増えるそうです。渋滞対策が必要ですが、これも秘策があるのであとで書くとします。

なお、条例の中で「産業区画計画」というのがあり、産業地区で生産される商品が倍増するそうです。今回はこれを試してみようと思います。実は2回目のマップで一瞬だけ試してみたのですが、産業地区で段ボールの山のアイコン(商品の在庫があふれています)が噴出したためすぐに撤回しました。これは商業と産業の比率を変えてしまうほどインパクトのある条例のようで、ゲームの途中から変えると工場が廃墟化するので最初からセットしてみます。おそらく商業地区が2倍必要になるので住居地区も2倍にできるのでは?…と予想しています。

Jorei

③税率やサービスによる対策

過去2回の通常プレイでは税率や条例などの要素はデフォルトのままにしていましたが、チートをアリにして資金を無限にしたうえで、税率をゼロ、交通機関の料金をすべてゼロにする、福祉予算を最大にする、などありえないほどサービスを大盤振る舞いしたら人口を最大限上振れさせることができるのではないかと目論んでいます。また、公共サービスの予算を増やすとゴミ収集車や霊柩車などの台数が増えるため、施設の設置個数を減らすことができ、余白の節約にもなります。

シティーズスカイラインの実験のトップページ

|

« シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(1)~自然体で最大人口はどのくらい行く? | トップページ | シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(3)~一般道不要のインフラ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(1)~自然体で最大人口はどのくらい行く? | トップページ | シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(3)~一般道不要のインフラ編 »