« シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(3)~一般道不要のインフラ編 | トップページ | シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(5)~鉄道編 »

2023年12月19日 (火)

シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(4)~高速直結施設編

前回は、土地をまっ平らにして、一般道路を必要としないインフラの設置を行いましたので、今回は一般道路を必要とするインフラの設置を始めてみましょう。ではまず何から手を付けるかですが、過去のプレイの中で、渋滞に悩まされた施設ってなかったでしょうか。そういう施設は高速直結が理想です。前回、貨物港を高速直結にしたように、高速直結を求められる施設の設置場所を考えておきましょう。

◆一般道路

高速直結の施設を考える前に、今回は施設の設置が道路沿いでなければならないもの、というのが前提なので一般道路の引き方を決めておかなければいけません。

人口密度を最大にするなら当然区画はまっ四角です。さらに、住居などの建物の大きさは最大4×4マスなので平行道路の間隔は8マスが定番でしょう。問題は、平行道路に交差する道路をどのくらいの間隔で置くのかです。

いろいろ試した結果、私が一番いいなと思う区画の大きさは8×24です。4×4の大きさの建物が2×6個建ちます。これ以上区画を縦長にしすぎると数少ない交差点に車が殺到して、かえって渋滞が激しくなります。逆に正方形の区画だと渋滞は起きにくいですが道路の面積が増えすぎて建物を建てる土地が減ってしまいます。

そして、この縦長の区画を、横に10区画、縦に4区画ごとに3車線の道路にします。

Road1

片側3車線の道路は土地を無駄食いしそうですが、これがないと街の中での移動時間がかかりすぎて遺体やごみの回収が間に合わなくなります。この規則性に従ってマップ全体に道路網を敷き詰めていくことになりますが、高速直結にすべき施設の話を忘れてはいけません。まず、一般道路網の基準となる道路を決める作業を行っていきます。

まず、市境の線を利用して市境と完全に平行な道路を引きます。

Road2

以後、この道路を基準に90度の角度をきっちり守って隙間のない区画を作っていきます。

角度の基準となる道路が決まったので、端っこのほうから適当に区画を並べていきたいところですが、高速直結すべき施設の中に「この部分に6車線道路があってほしい」というものがあるのでその部分から先に道路を引き始めます。

◆貨物駅

実は貨物駅が6車線道路に接していてほしい施設なんです。この6車線道路は一般道とは切り離してすぐ地下に潜って高速環状1号線のジャンクションに直結したいのですが、貨物駅付近は線路が地下3階まで潜る部分でもあるので地下構造が錯綜するため、うまく納まるように配置するのが苦労します。高速環状1号線の内側に貨物駅が4つ配置できるように6車線道路の位置を調整しようと思います。

ちなみに、貨物駅と高速道路の接続具合を分かりやすく再現した画像がこちらです。

Kamotsu

高架で表現していますが、貨物駅が地面の高さで周囲の道路は実際は地下です。貨物駅から出た車はすぐに高速環状1号に出るので街のどこへ行くにも高速ですぐそばまで行けるため、原材料待ちで潰れる工場を極力減らすことができます。6車線道路は中央分離帯があるやつでないとうまくいきませんのでご注意を。

ちなみに、6車線道路が良いのは、制限速度が高いためで、貨物駅から出発した車はすぐに加速して次々に出て行ってくれるからです。そんな事情があるので、一般道路を張り巡らす前に貨物駅の場所だけ先に固定してしまうことを優先しました。貨物駅の場所が確定出来たら、先程の一般道路の区画の規則性に従って格子状の道路網を引いていきます。

▼一般道の間隔を守りながら貨物駅を置く
Kamotsu2

▼高速道路と接続しやすい位置を選んでます
Kamotsu3

◆宇宙エレベーター

上の写真のように高速環状1号線にはジャンクションは8カ所ありますが、4カ所は何らかの直結施設を繋げることができるように空けてあります。貨物駅で2カ所使ってしまったので、もう1つは宇宙エレベーターに使おうと思います。過去のプレイで、宇宙エレベータの周辺に大混雑が発生した経験から、これも高速直結が望ましいと判断しました。宇宙エレベーターの大きさは15×9マスなので8マスを超えるため、区画を2つ繋いで設置します。

ただ、残念ながらチートをアリにしても特殊施設は条件を満たさないと設置できませんので予定地だけ空けておきます。さらに、宇宙エレベータの「隣り」に地下鉄駅も設置しておきます。宇宙エレベーターの前には歩行者が大混雑を起こしますので道路は歩道付きを選び、地下鉄は歩行者が道路を横断しないように同じ側に設置します。

◆火葬場

環状1号線の4カ所の直結ジャンクションのうち、残り1つは火葬場が良いと思います。高速直結が推奨される施設としては焼却場もありますが、ここは都心過ぎるので焼却場は郊外に設置しようかと思います。

このゲームをプレイした人ならきっと街中にドクロがあふれかえった経験があるでしょう。今回、その対策として地下高速網と直結の火葬場群を考えたというわけです。霊柩車は最寄りに遺体があっても素通りしてどんなに遠方であっても発注を受けた遺体を回収しにいく仕組みになっていますので、高速移動の実現が最重要課題なんですよね。

では火葬場はマップのどこに設置するのが良いか、ですが、遺体を10個集めるまでマップ全体を駆け回るので満載になるまでは火葬場の位置は関係ありません。10体目の遺体を回収した時に「その霊柩車が出発した火葬場」に戻ろうとするため、たまたま近いときもあればマップの両端ほど離れているときもあります。結局火葬場がどこにあってもその事情は同じなので、要は渋滞にまかれずにスムーズに帰れればよいということになります。となると高速直結が理想で、直結可能な場所に集中して置いたほうが良い、という考えに至りました。

Toshin

シティーズスカイラインの実験のトップページ

|

« シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(3)~一般道不要のインフラ編 | トップページ | シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(5)~鉄道編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(3)~一般道不要のインフラ編 | トップページ | シティーズ:スカイライン(PS4)プレイ日記(5)~鉄道編 »