« 2021年7月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年8月24日 (火)

商店街めぐり(156)~青森県黒石市こみせ通り周辺

平成31年8月25日に青森県黒石市こみせ通り周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Kuroishi

【全体イメージ】

黒石市は青森県西部の弘前市のすぐ近くにある人口約3万の町です。黒石の名物といえば、秘密のケンミンShowで「つゆ焼きそば」が紹介されて町の活性化に一役買っています。また、「こみせ」というのは木製の片屋根アーケードのことのようで、これだけの規模が残っているのは非常に珍しいです。建築基準法の縛りがあるので今、新規に作ることはおそらくできないでしょうから歴史観のある街並みが好きな人には一見の価値があると思います。この商店街に行くときは国道102号線から黒石市役所を目指して行けばいいのですが、中心部一帯はほぼすべて一方通行となっており、車で入る時は注意が必要です。見た感じ、もっぱら地元の人より観光目的で来る人の方が多いようですね。なお、以下の街路の紹介で南北の通りを「こみせ通り」、東西の通りを「中町こみせ通り」と分けていますが、実際には両方とも「中町こみせ通り」でいいようです。現地を歩いた感じでは使い分けているように思ったのですが市役所のHPを見ると同じようです。


こみせ通りHP)
Kuroishi_komise_ns
アーケードタイプ:両歩道屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:木でできた背の低いアーケードが独特の雰囲気を出していて情緒を感じます。「こみせ駅」という観光案内所兼物産館があり、その周辺が中心的な位置になります。松の湯交流館というところは地元の人も観光客も使えるカフェテラス的な場所で、しかもここはかつて銭湯だった建物をほぼそのまま使っているところが味があります。名物つゆ焼きそばでは「すずのや」「御幸」がよく紹介されていますね。高橋家という建物のまわりには少しリフォームした喫茶店や雑貨屋さんが並んでいます。

中町こみせ通り
Kuroishi_komise_ew
アーケードタイプ:片歩道屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:こちらの通りはこみせ通りと言っても木製ではなく、昭和風の鉄製片屋根アーケードです。それぞれのお店が自分の前だけ維持するため、切れ切れになっています。観光客が使える飲食店はけっこうありますが、空き地が多く、かなり衰退してしまったのでしょう。マコの経験では、ダイコクデパートという核を失って人流が減ったのが原因かなと思います。

 

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

不具合解消事例~Oculus Linkができなくなった(切れる)

今日はウチの主人がハマっている「Oculus Quest2」の不具合解消事例です。

Oculus_quest2_20210812223901

ウチの主人がどういういきさつでOculusを買ったかは以前の記事で紹介しましたが、端的に言えば仮想空間でエッチなことをしたいからにほかなりません(笑)
Hentai_20210812223901

妻の目の前でオッサンが変態メガネをかけて何もない空間をモミモミしている姿というのはさすがに写真にできませんが、さすがにこんな男なら絶対浮気はできまい、ということでそこは黙認で。

それはさておき、先日このOculusが起動しなくなったとウチの主人が騒いでいたので対処結果を載せておけば同類の方たちに役立つ(アクセスを稼げる)と思ったので記事にしました。

【症状】
ゲームPCとOculusをUSBケーブルでつなぎ、

両方の電源をON

ガーディアンの設定確認OK

Oculusの画面内にホーム(うちの場合は古風な温泉街の和室)にブラウザが浮いてる画面に

一番手前の電池の残量表示の部分をクリック

「Oculus Link」をクリック

※ここで異変発生※
普通なら果てしなく続く白い地面と白い天井の世界に変わり、正面にブラウザ、左にショートカット、手前にメニューボタンという空間が現れるはずなのですが、この画面に切り替わってわずか1~2秒で画面が止まって暗転し、ホームに引き戻されてOculus Linkが繋がっていないというようなエラーが出るというものです。

Oculusのオフィシャルサイトで接続の確認をしてみましたが、ちゃんと接続はできているのに、「Oculus Link」をクリックすると接続が切れてしまうという不具合でした。

検索で原因を探ってみましたが、USB3.0を使えとか、インストールしなおせとか役に立たない情報ばかり。

昨日まで使えていたものがある日突然使えなくなったわけなので、故障の可能性はあるのですが、PC、ゴーグル、ケーブルのパーツごとにはちゃんと機能していて、起動しようとすると切断されるというソフト的な不具合のようなのです。

そこで「昨日と今日の間に何があったか」を思い出してみたら…ということで疑われたのが、その時初めてやったVRゲームがあったのです。このゲームが悪さをしている可能性があると判断し、履歴を削除してみることにしました。

【対処法】
ゲームPC上の「Oculus」を起動

ライブラリを開く

その時初めてやったVRゲームの「…」をクリックして履歴を削除

Oculusbrowser_20210812225501

どういうわけか、たったこれだけで不具合が解消しました。(注:Gal*GunVRが悪いわけではありません。例示です。)

ちゃんとOculusLinkが切断されなくなりました。

どうやら、白い水平線の画面に出てくるショートカットに、問題のゲームが表示できなくて発生したエラーなんだろうと思われます。

Home

VRゲームっていろんなメーカーが作ってるから、Oculusと相性が悪いってこともあるようですね。

今回の場合、そのゲームは1回ちゃんと起動しているので不具合が出るとはその時点では予想できず、まさか次の日以降の起動時に悪さをするとは…。

もしこの原因が判明しなかったら、PCのリカバリをしないと解消しなかったかもしれません。あるいはPC側のOculusブラウザのインストールしなおし(上書きではなく、全消しからの再インストール)するハメになったかもね。

| | コメント (11)

2021年8月 8日 (日)

商店街めぐり(155)~愛媛県西条市 駅~市役所間

平成29年12月16日に愛媛県西条市伊予西条駅~西条市役所間周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Saijyo

【全体イメージ】

西条市は瀬戸内工業地域の都市のひとつで、愛媛県にある人口約10万人の町です。この沿岸の都市は町のつくりがよく似ていて、海沿いに造船などの工業地帯があって、内陸にある駅との間に商店街ができます。国道の幹線道路はさらに山側を通るため、車で通り抜ける人は商店街の存在に気付かないかもしれません。町の中心は駅ではなく港のほうになるため、西条市の場合は北の方ほどにぎやかになります。


紺屋町商店街(HP
Saijyo_konyamachi
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:大きなマンションもあり、このあたりでは一番人通りが多い商店街です。みのりちゃん市場というところがあり地域の台所という感じ。いよてつ高島屋はデパートそのものではなく、アンテナショップみたいなものでした。無料駐車場も完備していてこの辺り全体がひとつのショッピングモールとして機能しているみたいです。紺屋町の北側にある「アオイロード」もかつては全蓋式アーケードがありました。

GINZAGAI
Saijyo_gunzagai
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:紺屋町のすぐ南隣りなので一体として栄えている感じ。婦人服、紳士服、バッグ、時計、靴、インテリアなどの服飾関係のお店が特に多いです。

栄町通り
Saijyo_sakaemachi_dori
アーケードタイプ:完全屋根~穴あき屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:アーケードが軽易な材料で作られているような感じで昭和レトロな雰囲気です。人通りはめっきり少なく、子供が走り回って遊んでいましたが全く誰に迷惑がかかる様子はありませんでした。食堂、お菓子屋、生鮮品、制服屋さんなど、普段着で使えるお店があるのはいいのですが、開いているお店が少ないのと、空き地が多くて雨風が入ってくるのがちょっと困るかな。紺屋町に住んでいる人が駅に行くときには必ず通るので存在価値は高いはず。このブログでは栄町通りを長いアーケードとして表示していますが、付近の案内図によると、北から順に「さかえまち2」「栄町上組」「登町」という3つの商店街から成り立っているようです。

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年11月 »