« 自分がかからないためのコロナ対策(マコの予測)~Part2 | トップページ | 別府の地獄めぐり~一番怖かったのは… »

2021年5月19日 (水)

商店街めぐり~愛媛県新居浜市登り道(154)

平成29年12月16日に愛媛県新居浜市登り道周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Niihama

【全体イメージ】

新居浜市は四国の北側、愛媛県の中にある人口約10万人強の街です。瀬戸内海に面していて学校の地理でも「瀬戸内工業地域」の主要都市として習いましたし、現在も海岸に工場が並んでいます。

実際に行ってみて思ったのですが、「登り道(のぼりみち)」を中心とした商店街が非常に分かりにくい場所にあるのです。おそらく昭和時代は港から鉄道の駅までの間が中心市街だったかと思いますし、以下の紹介する商店街もまさにそういう場所です。でも、もともと鉄道の駅も相当内陸にあるうえに、そのあと国道のバイパスや高速道路がさらに内陸にできたため、次第に人がそっちに吸い寄せられていった、みたいな歴史が想像されます。そんな事情があってか「中心」がどこなのかパッと見わからない市街地になってしまった…んじゃないかなと思うのです。


登り道サンロードHP
Noborimichi_sunroad
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:かつては映画館がたくさんあるほどにぎわっていたらしいですが、今は遊びに行くところはパチンコ屋くらいしかないほど寂しくなってしまっています。ここから約2km南西にイオンモールがありますのでまとまった買い物客はそっちに流れているんでしょうね。生活の場としては定期的に産直市が開かれているようです。アーケード街には飲食店が少ないですが、アーケードの南端から東方向へ飲み屋が連なっている通りがあります。地元では敷島通りというようですが、現地に通り名が書いていません。アーケードの北端から西方向へ片屋根アーケードが少しつながっていますが、ここは「昭和通り四番街」という別の商店街のようです。ただ、商店街の表示がなく、ホームページでわかりました。さらにその先、三井住友銀行の交差点から北にも両歩道屋根型のアーケードがありましたが、2015年頃に撤去されてしまいました。

登道南商店街
(撮影忘れ)
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:やや飲み屋が多い感じがしますが病院、イベントホール、物販など日常的にはあまり使わなさそうなお店が数件あります。それ以上に民家と空き地が目立ちます。この商店街の方がサンロードよりも駅に近い側ですが、どちらかというとサンロードの方が人気があります。

|

« 自分がかからないためのコロナ対策(マコの予測)~Part2 | トップページ | 別府の地獄めぐり~一番怖かったのは… »

コメント

まこにゅん!ブログ続けてたんだね(*´ω`*)
あちしのこと、覚えていますか?
あねちと、あねちの旦那様も変わりないですか?
昔の記事でほっこり癒されました☆
懐かしい。
ありがとうございます(*^^*)

投稿: ぴの | 2021年5月21日 (金) 01時30分

★ぴのたん★
うわぁ~おひさしぶり~もちろん覚えてるよ~♪
そして、このブログの「お約束」まで覚えててくれてありがとう(笑)
マコファミリーはみんな元気で仲良しのままです!
最後に会ってからもう15年にもなるんだねー。ぴのたんの旦那さんも元気ですか?(もう「ショタちゃん」という年ではないよねw)
昔はおにたんの口調で記事を書いてたから今見るとむちゃくちゃ恥ずかしいなぁ…。
ちょっと前まで生きてたぴのたんのブログに364日おきにカキコして時間が遡って見えるタイムトラベラー・マコのイタズラをしていたけどそれもできなくなって、来てくれたことホントに嬉しかったですヨ♪
またたまに見に来てね♪
(*`▽´)ゞ落とし穴を掘って待ってるかもしれないけど

投稿: マコ | 2021年5月21日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分がかからないためのコロナ対策(マコの予測)~Part2 | トップページ | 別府の地獄めぐり~一番怖かったのは… »