« 雪印の「毎日骨太」が小さくなった!? | トップページ | ウレタンのマスク »

2020年5月 8日 (金)

商店街めぐり(142)~熊本県天草市本渡

平成30年6月9日に熊本県天草市本渡周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Amakusa

【全体イメージ】

2018年6月9日に熊本県天草市本渡周辺を散策しました。天草市は熊本県の西側、九州本島から天草大橋を渡って行ける島の町です。昔は島の中にたくさん市町村があったのですが平成の大合併でほとんどが天草市になりました。合併前に「本渡市」と呼ばれていた地区が街の中心部で、今も施設名に「本渡」とついているものがたくさんあります。天草市の人口は約7万ですが、合併前の本渡市の人口が約4万ですので、島の半分ほどの人がここに集中しているようです。しかし、現在はこの中心部から南へ約5キロのところにイオンを中心としたショッピング街ができてしまい、人手が分散してしまっている感じです。商店街の個々のWEBサイトは見当たらず、町全体の紹介サイトならありました。「天草WEBの駅


★中央銀天街
Gintengai
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:サンリブやタイヨーなどの中規模スーパーの間にあり、まとまった買い物をするうえで丁度良い位置関係にあります。靴、呉服、セトモノのような生活必需品の店がいくつかあり、中規模スーパーとは共存できていたようですが、おそらくイオン進出に伴ってつぶれたお店もかなりあるもよう。現状では遊びに来るようなところではなくなっています。南北のメインストリート以外にも枝道がありますが同じ銀天街と表示されています。
ぶらリート夢咲通り
Burarito_yumesakidori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:以前は飲み屋街だった感じの通りです。狭いながらも路面はカラータイルで、通りの上には装飾の旗で統一的にデザインされています。今は半分以上普通の家になってしまい、生鮮品、大衆食堂、総合衣料などのように生活色の強いお店ががんばっています。
中央通り商店街(仮称)
Chuodori
アーケードタイプ:両歩道屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:商店街の表示はなく、もしかしたら銀天街と同一の商店会かもしれません。簡素な屋根で短いアーケードですがお花屋さんがやけに多いです。おそらく近くの諏訪神社にお参りする人が買っていくのでしょう。少しだけ飲食店もありました。

 

|

« 雪印の「毎日骨太」が小さくなった!? | トップページ | ウレタンのマスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪印の「毎日骨太」が小さくなった!? | トップページ | ウレタンのマスク »