« 2018年8月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年9月 8日 (土)

商店街めぐり(136)~香川県坂出市・駅前

平成29年12月17日に香川県坂出市駅前周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Sakaide

【全体イメージ】

坂出市は香川県高松市の西隣にある町で人口は5万人強。本州と四国が一番最初(1988年)に橋で結ばれましたが、その四国側の入り口にあたります。坂出市は四国有数の工業都市らしく、臨海部に工場やショッピングセンターが集中している一方、通常町の中心になる鉄道の駅前はだいぶ雰囲気が違いました。

なんとなく商店街に活気がないように思えたのですが、イオンのせいというよりは町全体が駅前に注目してないような気がしたのは気のせいでしょうか。

市内を走る幹線国道の11号線や高速道路は駅のはるか南を通過し、旧国道だった県道33号線よりもさらに北に通称「さぬき浜街道」という幹線道路ができ、今や駅前へは通過交通は入っていかなくなってしまっています。

商店街のホームページは特にないみたいで、出店の申し込みやイベント情報などは商工会議所がとりまとめて1つで運営しています(→こちら)。地元にあった商店街マップの写真も撮っておきましたヨ。

Sakaide_shotengai


元町名店街
Motomachi_meitengai
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:強いて言えばこのあたりがにぎやかさの中心ですが、どうしてもイオンが近すぎてそっちに人が行ってしまいます。名店街と呼ぶ区間が短く、お店は衣装関係とお茶、和菓子、生鮮品のお店が数店舗のみ。かなり苦戦しているようです。ただ同様の例は各地にあって、スーパーとの共存は可能なはず。もっと食べるところがあると人が来ると思うんですが、讃岐うどんで有名なお店は商店街の外に集中していまして…どうしてでしょう。商店街と仲が悪いのでしょうか?

本通商店街
Hondori
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:実際にはサンロードとの交差点を境に「本通商店街」と「本通中央商店街」の2つのエリアに分かれているようです。和服や年配向けの服のお店が多めで、日常的に使うようなものを売ってるお店や遊べるようなところはありませんでした。西のはずれのアーケードの出口付近は再開発か何かで屋根が取り壊されているようです。また、元町名店街との接点から南北に元町栄筋という別なアーケード街があったようですが、数年前に屋根がなくなり、めっきり商店街らしさが消えてしまいました。

人口土地(市営京町団地)
Jinko_tochiJinko_tochi3
アーケードタイプ:片歩道屋根型~ビルテナント型
商店街の雰囲気:飲み屋風俗型

感想:建物全体が実験的な住宅と商業の複合ビルらしいです。1階が夜のお店を中心としたテナント街で、ビルの周囲だけじゃなく内側にも自由に入っていけるテナント街があります。2階より上が住宅街になっていて、団地の中というよりも団地の屋上に家が建ってる…みたいな感じなのです。この町は商店街よりもこの不思議な建物がみどころかも?Jinko_tochi2

サンロード港町商店街
Sunroad_minatomachi
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:お店の種類は元町や本通りと大差はありませんが若干生鮮品の割合が多いかな。飛び地のようなアーケードもあり、休めるような喫茶店もあるにはあったんですが、かなり薄暗くて入るのが怖かったです。ある意味敷居が高く、ごく限られた人しか使わないでしょうね。

駅前通商店街
Ekimaedori
アーケードタイプ:両歩道屋根型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:分類上実用雑貨型というふうに書きましたが、雑貨は売ってません(笑)。銀行、タクシー、レンタカーといったように駅前としての機能を補完するお店が並んでいるという意味で「実用」です。ここにも飲食街はなく人の流れはやはりイオンに向いています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年12月 »