« 2017年9月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年11月13日 (月)

商店街めぐり(132)~岩手県花巻市・上町

平成29年8月24日に岩手県花巻市上町周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Hanamaki

【全体イメージ】

花巻市の中心は駅前ではなく市役所のちょっと南にある「上町」(かみちょうと読みます)という地区でした。おそらく、現在の国道4号線が昔はこのアーケードの通りだったのでしょう。

新幹線は新花巻という郊外の駅になり、国道もバイパスのさらにバイパスができてこの市街地はどんどん空洞化が進んだようです。イトーヨーカドーのすぐ西にある南北の通りにも数年前まで両歩道屋根型のアーケードがあったのですが撤去されてしまいました。

あと、花巻と言えば「わんこそば」が名物で、代表的なお店がこの商店街の中にあります。わんこそばはたくさん食べた量を競うイメージがありますが、単純におそばとしても美味しいんですよ。


吹張商店街
Hanamaki_hukihari
アーケードタイプ:両歩道屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:わんこそばで有名な「やぶ屋総本店」が通りの入口にあり、お店に駐車場もあるのでこの周辺は人通りが多いです。そばを食べた後に商店街をブラリと歩くのもいいけど、このそば屋さん以外ヨソモノが使えそうなところは一部の例外を除いてほとんどありませんでした。一部の例外ですが、マコ夫婦はわんこそばを食べにここへ来たのですが、上町のある場所(下記)にビックリ仰天してそっちで昼食を済ませてしまったというわけです。

上町メルヘンプロムナード上町商店街
Hanamaki_kamicyo
アーケードタイプ:両歩道屋根型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:宮沢賢治にちなんだ観光PRで盛り上げつつも通りに人はまばらで寂れ感がぬぐえない。まぁ、こんなもんかと思って最後にマルカン百貨店に入ったところ、エレベータの前に来ると「列の最後尾は6階…」???これは何のことかと思い、6階に行ってみたところ、なんだこれは!!!商店街で見かけた人全部の数十倍の人がこの6階の1フロアに集まっているではないか!(ケンミンShow風にw)Marukan_daisyokudou
実は「マルカン百貨店」というデパートは実質的になくなっていて、6階の食堂だけ奇跡的な方法で復活したらしいのです。このいきさつは「マルカン大食堂の奇跡」という本が出版されたほどで、商店街に人がいなかったのはみんなここに集まっていたからなのか~と納得した次第です。昭和風のレトロなデパートの最上階の食堂という感じが懐かしくて、来年の帰省でも絶対に行きたいです。ちなみに、マルカン大食堂は水曜定休の11:00~18:30。周辺の駐車場は1000円以上の利用で30分サービス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2018年1月 »