« 商店街めぐり(90)~福岡市・天神 | トップページ | 商店街めぐり(91)~熊本・市役所周辺 »

2013年3月22日 (金)

北海道の珍しい方言

北海道育ちが長いマコが最近「えっ?これって方言だったの?」と気付いた珍しい言葉があります。

例えば「ボタンが押ささらない」という表現、北海道の人には方言だと気付かないくらい普通に言いますが、本州の人は「はぁ?」となるようです。

この言葉が珍しいのは、文法的にいえば助動詞に分類されることです。

方言を品詞別にすると

・なまら(=すごく)→副詞
・しばれる(=寒い)→形容詞
・じょっぴん(=かぎ)→名詞
・したっけ(=それじゃ)→接続詞
・~べや(=でしょう)→助詞

…のような形態のものはよくありますが、先の例のように

・~さる(標準語該当なし)→助動詞

助動詞の方言ってあまり聞かないような気がします。

しかも、標準語で言い表せない微妙なニュアンスの言葉なんです。あえて言えば古語で習った自発の助動詞「る・らる」に近いんです。

つまり「押す」→「押ささる」は一種の自発表現なのです。

標準語には「押す」に対応する自発動詞はないので標準語に訳せません。

強引に「押ささらない」を標準語にすれば「押せない」になりますが、「押せない」だけでは何か事情があって押すことができない(例えば手を怪我しているとか)場合も含まれてしまいます。「押ささらない」はあくまで押している状態を意味します。「押ささらない」といえば「一生懸命押しているのにどういうわけか押せない」という意味になります。

このように「~さる」の意味は少々オーバーに言うと

(肯定文の場合)
「自分では○○するつもりがないのに見えない力によってついつい○○してしまう」

(否定文の場合)
「自分では○○しているのに見えない力によって○○することができない」

…という意味になります。

要するに「悪いのは私じゃありません」というニュアンスが入っているんですねw

「~するつもりがない」というのは多少オーバーですが、「おのずと」という言葉が頭についてるような感じが普通かな?

|

« 商店街めぐり(90)~福岡市・天神 | トップページ | 商店街めぐり(91)~熊本・市役所周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の珍しい方言:

« 商店街めぐり(90)~福岡市・天神 | トップページ | 商店街めぐり(91)~熊本・市役所周辺 »