« 安全な原子力政策 | トップページ | 北海道の珍しい方言 »

2013年3月14日 (木)

商店街めぐり(90)~福岡市・天神

平成25年2月15日に福岡県福岡市中央区天神周辺の商店街を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Fukuoka_tenjin

【全体イメージ】

福岡の市街地は駅前よりも、駅から西へ約2キロ、地下鉄で3駅のところにある天神が中心です。市内にある主なデパートはほとんどここに集中していて、ほぼすべてのビルが地下でつながっています。一方、地下鉄空港線と地下鉄七隈線がつながっておらず(わざと?)、乗り換えのために改札を降りて歩かなければいけませんが、そのおかげでこの近辺は非常ににぎやかです。

一方、福岡というと屋台、屋台というと中洲といってもいいくらい有名どころがありますが、実は天神と中洲はとても近く、歩いても楽に到着できる距離です。


天神地下街HP
Temjin_chika
アーケードタイプ:地下街型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:天神駅と天神南駅間の550mが地下街「てんちか」でつながっています。2本の通路が並行していて12の区画に分けられていますが、区画ごとに業種が決まってるとかはありませんでした。天井が黒く塗ってあるので(照度が)暗い感じがしますが、デザインのようです。お店はファッションがメインで、食べるところは喫茶程度しかなく、すわるところないのでのんびりするには向いてない感じがしました。雰囲気はいいけどマコ夫婦が使えるところは特になかったです。5:30~24:30通行可能です。


新天町商店街HP
Shintencho
アーケードタイプ:完全屋根型~ビルテナント型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:北通りと南通りの2本の通路が並行しています。お店の種類はファッションに偏らず万人向けで、雑貨・お菓子・喫茶店などが目につきました。ここも地下街のように天井に黒いデザイン的なものをぶらさげて雰囲気作りをしています(読み方は「しんてんちょう」です)。昔ながらの商店街が生き残ったというものではなく、一度再開発か何かで整備された空間のようで、個人経営は少なめでフランチャイズっぽいお店が多いです。


天神サザン通り
Southern_dori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:地下街や天神町に飲食の店が少ないと思ったら、ここに集中していました。必ずしも飲み屋ばかりではなく、本格的な食事にも十分使えます。通りの北側は片屋根がかかっていますが、ここは新天町南通りの店の裏手側入口です。有料の自転車置き場もあります。


中州中央通り
Nakasu_chuodori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:飲み屋風俗型

感想:風俗色は弱く、昼もだいたいの店はやっています。雰囲気的には飲み屋街なんですが、食べる方が主の店が多いです。周辺にビジネスホテルが多いためでしょう。屋台が多いのはここから西へ1本並行した中洲川沿いで、昼に行っても何もありません。屋台は毎日移動して来るので置きっぱなしにはなっていませんでした。


博多川端商店街HP
Hakata_kawabata
アーケードタイプ:完全屋根型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:明るい雰囲気で地元の人が使うような生活色のある通りに見えましたが、実際に店並びを見ると、和服や社交ダンスで使いそうなドレスといったレアなものを扱った店がけっこうありました。コーヒー、軽食、ラーメン、うどんそば、食べるところはけっこうあります。中洲の近くなのに風俗色はまったくありません。


|

« 安全な原子力政策 | トップページ | 北海道の珍しい方言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商店街めぐり(90)~福岡市・天神:

« 安全な原子力政策 | トップページ | 北海道の珍しい方言 »