« 超テカテカ路面 | トップページ | 「笑っていいとも」に物申す »

2011年12月27日 (火)

北海道の天気予報

12月23日~25日の三連休、札幌の直前までの週間予報では3日とも猛吹雪のマークが出ておりました。

ところが、実際に振り返ってみると、マコ家のある豊平区平岸というところでは積雪なし、天候は3日とも晴れ時々くもりという天気でした。風もほとんどありませんでした。

本州に住んでいたころ、冬はいつも札幌は雪マークばっかりでウンザリしそうだなーと思いながらみていたんですが、実際に来てみるとけっこう良い天気なのです。

北海道の天気予報はどうしてこうも極端にハズレるのか、しばらく見ていたのですが、なんとなく傾向がわかりました。

札幌は北海道の天気予報では「石狩地方」というエリアなのですが、札幌で吹雪くと言われる日はだいたい石狩地方のどこかで吹雪いています。

今年は石狩北部が中心で、札幌のある石狩中部は雪が少ないです。おそらく、雪を降らせる「スジ状の雲」が北海道に押し寄せてくる時、スジの縞模様が陸地のどこを通るか予測できないので、いちおう全部吹雪きますよって予報を出すんでしょうが、実際は運の悪い所に集中しちゃうようです。

なので本州の皆さん。北海道の特に札幌の冬の天気予報は「降水確率」を半分くらいにして思ってた方がイイですよ。ただ、あくまで札幌市内の話限定ですけど…

|

« 超テカテカ路面 | トップページ | 「笑っていいとも」に物申す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の天気予報:

« 超テカテカ路面 | トップページ | 「笑っていいとも」に物申す »