« 商店街めぐり(37)~東京・新宿編 | トップページ | 放射線の害の説明 »

2011年4月25日 (月)

商店街めぐり(38)~小田原・駅前

平成23年2月5日に神奈川県小田原市駅前周辺の商店街を散策しました。
(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Odawara

【全体イメージ】

小田原は新幹線も停まるうえに、4つの私鉄が乗り入れている交通の要所です。さらに、駅から名所の小田原城まで歩いて行ける手頃さもあり、そのルート周辺の商店街がとてもぎやかです。

お城がある東口側に商店街が集中していて、デパートもすべて東側にあります。一方で、街中を歩いてみた感じ、古い街並みと新しい街並みの明暗が分かれてきているようにも見えました。


駅前商店会HP
Ekimae
アーケードタイプ:片歩道屋根型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:実用品という分類はしていますが、一言でいえばお土産街です。地元の人としてはあまり実用性はないかもしれません。名産のかまぼこ屋さんなど旅行の方のお土産の店が多いです。喫茶店や居酒屋などは地元の人も使いますが、電車待ちの旅行者もけっこう多いです。


おしゃれ横丁HP
Osyare_yokocho
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:この通りだけで遊びを満喫できるほどのバリエーションはないけれど、錦通りやダイヤ街とひとつながりの街路として機能しているので遊び満喫型としています。ファッション系のお店が多く、裏路地の狭い感じが隠れ名所探しみたいでけっこう楽しめます。雰囲気もにぎやかで裏通りと言っても近寄りがたさはありません。食事ができるお店もけっこうあります。


錦通り商店街
Nishikidori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:駅東口から出るとすぐ前に見えるにぎやかな商店街で、この地域のメインストリートです。車も通れますが事実上歩行者天国状態のようです。若者向けのファッションや雑貨のお店や料理屋が多く、通りの中ほどで交差するダイヤ街商店街に用事のある人が必ず通ることもあって、かなり混雑してました。


駅前東通り商店街HP
Higashidori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:専門店型

感想:専門店のジャンルは飲食店。「おいしいもの横丁」という別名があるようです。駅での待ち時間に気軽に食事ができる距離で便利です。いろんなジャンルの料理屋がありますが、なぜかパン屋さんに行列ができていました(写真にも写っています「守屋のパン」という名前で話題みたいです)。本当は商店街にはいろんな業種のお店があるのですが、駅よりの半分ほどに飲食店が集中しているので専門店型と書く方が行った方のイメージに合うかと思いました。


栄通り商店街
Sakaedori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:錦通りとダイヤ街の交差点から少し離れたとこに入口があるので急に閑散とした印象を受けます。パチンコ屋や焼き鳥屋、病院などがありまして、観光客が遊べるような場所はちょっとなかったです。


ダイヤ街商店会HP
Daiyagai
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:小田原でおそらく最大の繁華街。EPO、APRI、ドンキホーテなどのデパートや量販店が集まっていて、周辺地域の集客の中心になっています。この大型店のまわりにはいろんな料理屋が競い合っていて安さも魅力で、若者がたくさん集まってきていますので、靴とか装飾品とかファッション系のお店もやはりこの通りが一番品ぞろえがいいですね。


銀座通り/大工町通り商店街
Ginza_daikumachi_dori
アーケードタイプ:両歩道屋根型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:駅前のにぎやかさに比べて古い感じの商店街です。駅から東へ500mくらいのところにある十字のアーケード街です。品ぞろえは年長者向けで、和服、せともの、画材、メガネのほか、古い実用品が多い一方、食べ物関係のお店が少ないですね。今の街の中心と見られるダイヤ街は屋根がなく、こちらは歩道の両側に屋根があるという構造上の有利さがあるはずなのに、にぎやかさは駅に近い方にかなわないようです。


お堀端通り商店街HP
Ohoribata
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:ここも小田原駅からお城までの観光ルートということで御土産屋とかお食事処などがいっぱいあります。どちらかというとファーストフードや軽食といったお昼ご飯向けのお店が多いです。ですので、遊び満喫といっても地元の人用ではなく、観光客用ですね。


駅前地下街 (HaRuNe)HP
Ekimae_chika
アーケードタイプ:地下街型
商店街の雰囲気:(未調査)

感想:地下空間はけっこう広いのですが、訪れた時は薬局と一部のテナント、アートギャラリーしかやっていませんでした。写真は平成23年当時のものですが、平成26年11月に「HaRuNe」(ハルネ)という地下街に生まれ変わりました。


|

« 商店街めぐり(37)~東京・新宿編 | トップページ | 放射線の害の説明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商店街めぐり(38)~小田原・駅前:

« 商店街めぐり(37)~東京・新宿編 | トップページ | 放射線の害の説明 »