« 東北関東大震災(in仙台) | トップページ | 素朴な疑問(20)~原子炉に水 »

2011年3月19日 (土)

東北関東大震災(脱出編)

地震から早くも1週間たちましたが、現地で配給生活を送っているあねちは「もう1ヶ月くらいたったような気がする」だそうで、それだけ時間の感覚を忘れるほど忙しくつらい状況なようです。

水やその日の分だけの食料を手に入れるために数キロ歩いて、しかも全く入手できないということもあるそうです。まるで戦後直後みたいだと言ってました(あねちはその頃はまだ生まれてませんが…)。

ちなみに仙台市宮城野区のはずれのほうでのライフライン関係の復旧状態は、電気:○/ガス:×/水:○/灯油:×/GS:×/食料:△/日用品:△/携帯電話:○/固定電話:×/インターネット:×。

最近は携帯電話が支障なく通じるようになったので、あねちと今後どうするかいろいろ話し合いました。

仙台のご実家は家の被害がなかったので避難の必要はなく、水の入手に人手が必要だったため、あねちの存在はご実家としても役に立ちました。

ところが、最小限のライフラインが回復し、食料の調達に支障がでる段階になると、言葉には出されないですがきっとあねちは邪魔だろうなと…。なにしろ大喰らいですから、ただでさえ物資の少ない被災地の貴重な食料をむさぼり喰うあねちは仙台にいると迷惑千万。ものがない地域から無駄な人間は早く外に追いやろうということで、あねちにはマコ夫婦の家に避難して来いと持ちかけています(なんという言いよう!w)。

で、「大喰らいあねち仙台追放計画」を立てているところですが、困ったことに交通手段がありません。

動いているのは長距離バスのごく一部だけで、しかもインターネットが使えない現地では路線を調べることもままなりません。

さらにバスの予約センターはいつ電話しても話し中で仙台と札幌から同時に通話を試みていますがやっぱりダメ。今のところ、宇都宮・水戸以南か、東北の日本海側であれば北海道に逃げてくる航路が確保されているので、要するに仙台から離れる便であればどこでもいいくらい選択肢はあるのです。

でも、今現在動いているのは東京行き、新潟行き、盛岡行き、能代行き、群馬行きのごく一部だけ。しかも全便予約で満席(→発車オ~ライネット)。たまにキャンセルとみられる空きが1~2件出ますが電話してもつながらず。インターネットで予約しても、コンビニで振り込んだ領収書を乗車時に持っていかなければならず、仙台ではそれができませんので、電話しかないのです。

きっとバス会社も燃料の確保ができないと予約を受けられないのでしょうから、燃料の供給が始まれば予約が再開するかも。

先日、宮城県塩釜市にある出光の製油所が動き出したらしく、足が確保できる可能性も出てきました。

…というわけで、今マコが被災地のためにできることは、被災地にいる浪費癖のある腹ペコあねちを引き取ることくらいです…。

|

« 東北関東大震災(in仙台) | トップページ | 素朴な疑問(20)~原子炉に水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北関東大震災(脱出編):

« 東北関東大震災(in仙台) | トップページ | 素朴な疑問(20)~原子炉に水 »