« 素朴な疑問(18)~毛穴の謎 | トップページ | フェリーの揺れと波の高さの関係 »

2011年1月11日 (火)

商店街めぐり(32)~東京・幡ヶ谷

平成22年9月19日に東京都渋谷区幡ヶ谷周辺の商店街を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Hatagaya

【全体イメージ】

幡ヶ谷は新宿から西へ京王線でたった2駅、3キロ弱という好立地の場所です。京王線は新宿の地下から始まり、ちょうどこの幡ヶ谷のあたりで地上に出ますが、幡ヶ谷駅は地下なので大きな駅舎がなく、駅前広場もないため「中心部」っぽいところがみあたらないのです。おそらく都心新宿へ通うサラリーマンの方々のベッドタウンになってるんですね。

商店街の公式WEBとしては、笹塚、幡ヶ谷、西原のいくつかの商店街が合同で運営しているものがあります(HP


幡ヶ谷六号通り商店街HP
6godori
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:駅前ではないですが、幡ヶ谷ではここがメインストリートみたいです。ただ、国道20号線に接していますが国道を通っていても存在に気付かないほど目立たないです。食品関係のお店が多い感じですね。スーパー以外に料理店、軽食屋、お弁当屋など。


六号坂商店街
6gosaka
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:笹塚の十号通りと十号坂と同じように、六号通りがメインなら六号坂が奥側になります。駅から遠ざかる分、少し静かになります。お店の種類は特にこれが多いというのがなく、小さいけどどんなお店もある、という感じです。


幡ヶ谷商店街
Hatagaya_2
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:実用雑貨型

感想:短い通りで、国道から西原ストリートまでの約200mくらい。ドトールやすき屋などのファーストフード系が目立ちます。お菓子屋、蕎麦屋、書店、グルメシティなどがあり、駅帰りの人が立ち寄りそうなものが多いですね。


西原ストリート
Nishihara_street
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:生活密着型

感想:一般住宅が多い地域に商店が多く集まった感じで、あまり商店街っぽくはないですが、駅からアーチが目立つので入れてみました。よそ者にはあまり使えそうなものがないですね。中華料理屋、パン屋さん、喫茶店、コンビニくらいでしょうか。あとは不動産屋や金物屋さんなど。


|

« 素朴な疑問(18)~毛穴の謎 | トップページ | フェリーの揺れと波の高さの関係 »

コメント

商店街はどこも大手スーパーなどに押されて瀕死状態って聞きますが活気とりもどしてほしいものです。

投稿: のり | 2011年1月13日 (木) 17時08分

★のりさん★
ホントそうですねー。特にマコみたいな旅行者にとってワクワクするような都会らしいお店が減っていくのが寂しいです…。
ただ、何十箇所も商店街を廻ってて感じたのですが、必ずしも大手スーパーと相反関係とは限らないようですよ。
地方では大手スーパーの撤退で商店街まで閑古鳥になったところもありますんで。
共存の方法は必ずあると思います。そのうちマコなりに考えをまとめて文章にしてみますね。

投稿: マコ | 2011年1月13日 (木) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商店街めぐり(32)~東京・幡ヶ谷:

« 素朴な疑問(18)~毛穴の謎 | トップページ | フェリーの揺れと波の高さの関係 »