« 那須ハイランドパーク(11)~パラボ | トップページ | 商店街めぐり(18)~宇都宮市・東武駅前 »

2010年10月28日 (木)

商店街めぐり(17)~札幌市・大通り

平成22年10月16日に北海道札幌市大通り周辺を散策しました。(→目次、→用語の意味

【周辺MAP】→別窓で拡大

Sapporo_odori

【全体イメージ】

札幌市の中心部は、駅前と大通りの2つに分かれていまして、この大通り周辺は雪祭りで有名な大通り公園、札幌時計台、テレビ塔、狸小路商店街、すすきの繁華街などがあります。時計台は図からはみだしちゃいましたが、上の方、札幌大通郵便局の北100mにあります。

このエリアは札幌駅から南へ約1キロほど離れていますが、地下鉄大通り駅は札幌市内にある3つの地下鉄路線すべてが集まるところなのでJRの駅前よりにぎやかです。また、札幌には路面電車もあり、地下鉄大通駅とすすきの駅で乗り換えができます。

この地図をみると狸小路以外は何もないように見えますが、特定の通りににぎやかさが集中しないのが札幌の特徴です。碁盤の目のような通りが人や車を分散させるためでしょう。全体的に実用的なお店やマニアックなお店がたくさんあります。


狸小路商店街HP
Tanukikoji

アーケードのタイプ:完全屋根型

商店街の雰囲気:遊び満喫型~実用雑貨型

感想:全蓋式のアーケード自体、札幌ではここが唯一で、たいていのサービスがこの通りに集まっています。東から数えて1~7丁目までありまして、3と4の間に地下鉄と市電が通っているため、一番栄えています。通りのあちこちにベンチがあり、長時間滞在してもらえるような工夫がありますね。 なぜか7丁目だけ古くて脆そうな屋根になっていて、お店も個人経営っぽいお店が多くなってきます。


二条市場HP
Nijo

アーケードのタイプ:片歩道屋根型~ビルテナント型

商店街の雰囲気:生鮮市場型

感想:狸小路1丁目と通りをはさんですぐ向かいにあり、新鮮な海産物がたくさん売られています。北国の商店街では通りがかりの人に声をかけて呼び止めるようなことはあまりないのですが、ここではビシビシ声をかけられます(笑)。ちなみに、狸小路もそうなのですが、市街地なのに観光地でもあるため、本州では郊外に見られるようなお土産屋さんが商店街の中にあります。


ポールタウンHP
Pole_town

アーケードのタイプ:地下街型

商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:とても広い商店街で、ひろびろゆったりとショッピングが楽しめます。地下鉄すすきの駅から大通り駅までつながっていて、珈琲屋さんなどの一服できるお店が多く、冬の寒さも地下街を通れば忘れさせてくれます。そのほかにはファッショングッズ関係のお店が目立ちます。 隣接のテナントビルともほとんど地下でつながっていて非常に便利です。


オーロラタウンHP
Aurora_town

アーケードのタイプ:地下街型

商店街の雰囲気:遊び満喫型

感想:地下鉄大通り駅から札幌テレビ塔までの、大通り公園の真下を通っています。若者向けファッションが中心ではありますが、スイーツやカフェなどちょっと休む場所や本屋や薬屋、コンビニのような実用的なお店もあります。丸井デパートの前あたりにある「きたキッチン」というところが道内の名産品が手に入る穴場スポットでオススメです。以前秘密のケンミンShowで紹介された「美唄焼きそば」が美唄市で手に入らなかったのに、ここで手に入ったほどです。


すすきの
Susukino
アーケードタイプ:屋根なし型
商店街の雰囲気:飲み屋風俗型

感想:すすきのというと札幌の飲み屋風俗街として名前が知れていますが、そういうお店が特定の通りに集中しているわけではなく、すすきの駅周辺がまんべんなくお店がある、みたいな感じです。なのでこの地図には「すすきの飲食店街」のような通り名がありません。有名な「ラーメン横丁」もすすきのの歓楽街の中にあります。ひところこの繁華街は強引な客引きやボッタクリで悪名が広まってしまいましたが、最近は聞かなくなりました。繁華街のど真ん中にある交番のおまわりさんががんばっている証拠でしょう。

|

« 那須ハイランドパーク(11)~パラボ | トップページ | 商店街めぐり(18)~宇都宮市・東武駅前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商店街めぐり(17)~札幌市・大通り:

« 那須ハイランドパーク(11)~パラボ | トップページ | 商店街めぐり(18)~宇都宮市・東武駅前 »