« 病原風呂 | トップページ | 凍結防止剤 »

2006年1月21日 (土)

キツネ道

わが家には「キツネ道」という言葉がありましゅ。

どんなときに使うか。今日の日記をまじえてご紹介ちまちょう。

今日は夫婦で以前一度行った山形県立図書館にラブホ調査に行ってきまちた。前回の調査の取りこぼしを集めに。で、帰りは直接家に帰らず、カラオケにでも行きましょっ、てことで、山形から仙台に向かって車でGO。

普通であれば、国道48号→仙台北環状というふうに景色のよく知っている馴染みの幹線道路を通るところなのでしゅが、実は、このルートはちょっと遠回りなのにゃ。

そこで、裏道を通ることに。

この裏道は、マコも10年ぶりくらいに通る、まさに裏道中の裏道。仙台市内なのに奥深い山道みたいなところを抜けていくのにゃ。ウチノヒトは初めて通るらしく、本当に抜けれるのか心配な様子。山はだんだん深くなっていき、すれ違い不可能な道がクネクネと登っていく。おや、キツネまで出る。

いきなり森がひらけて目の前に住宅街が見えてきた。住宅街に入ったかと思うと、いきなり通いなれたいつものカラオケボックスが!(゜Д゜)!

なんだこりゃ?!キツネに化かされたっ!

ふつう、見慣れた風景に入るときは遠くから次第にその風景が近づいてくるもの。ところが、こんなふうに時によってはいきなり知らない土地から馴染みの土地にワープしたみたいに劇的に雰囲気が変わって見える場面があるのにゃ!

わが家では、こういう事態が起こった道を指して「キツネ道」というのダ。Ψ(`▽´)Ψ

本当にキツネが出たのは笑ったわ(笑)

|

« 病原風呂 | トップページ | 凍結防止剤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キツネ道:

« 病原風呂 | トップページ | 凍結防止剤 »