« レストランで競馬 | トップページ | 第2回ラブホテル調査旅行 »

2005年11月 2日 (水)

お見合いぶちこわし作戦

(きょうの日記はマコの親友、ピノたんの危機に対して対策を考えたものですにゅ。)

副題:マコは強引なお見合い反対よっヽ(`Д´)ノ

結婚は親同士も義兄弟になるから単純に本人同士だけの問題ではないということはわかるのヨ。でも、親や身内が自分の価値観や都合で見合い相手とくっつけさせようというのは単なる政略結婚みたいなもんで、娘の幸せは二の次扱いしてると思うっ!

ぴのたんの目を通したカキコを見ての判断だからかもしれないけど、身内の本当の意図も「紹介者のメンツ」というのが第一のような気がするにゅ。だけど、本当に将来を見据えて考えるならば、そういう相手とは絶対一緒になるべきではないわっ!

今のマコは恋愛結婚だから、たとえケンカをしても出会った頃の気持ちを思い出せばすぐに仲良しに戻れるのわ(*´д`*)

でも、そういういきさつがあって一緒になったら、ケンカになったときに本音が出てしまうに違いないわね。

「親の顔があったから結婚してあげた」なんて言ってしまえばすぐに破局ヨ!

そこで、

マコのお見合いぶちこわし作戦!Ψ(`▽´)Ψ

まず、ぴのたんが「いま付き合ってる人がいる」と言うと「じゃあ連れてきなさい」と言われて親がよってたかってしょうたろうしゃんをツブしにかかるに違いないのわ(連れてこなくても同じ)。

だから付き合ってる人、と言わず、「いま好きな人がいて一生懸命アタックしてるところなのよΣo=(`Д´)」って言うにゅ。

まだ付き合ってもいない人を親元に連れてこさせるバカはいないでしょ(笑)

それに、アタックしているといえば自分の方が立場が弱いということだから「お見合いをしちゃったらもうその人にアタックできなくなる」って言えるのにゃ。ポイントは、「その彼との関係がいますごくいい感じでもうちょっとでモノにできそう!」というシチュエーションだということを熱弁するのダ!

なんでそういう微妙なシチュエーションを演出するのかというと、男の側からみればわかるわ。「好き好き」って言い寄ってくる女の子が、あるとき他の男と会っているとわかったら、「なんだ、俺には本気じゃないのか」って思われてその気になりかかったのも冷めてしまってそれまでの苦労が水の泡になっちゃうでしょ?お見合いをしろっていう親に、お見合いをするということがそういうリスクがあるということを分からせるのにゃ!

次に、「じゃあ、その男はどんな人なんだ。」と言われることへの対策が必要。

でも、ここはバッチリ!しょうたろうしゃんの今のシチュエーションはナイスなくらいグッΣd(≧▽≦)よ!

「今はまだ学生」というところだけ隠して、「自分より年下の医学関係の人」ということでいいんじゃないかな?ちょうどぴのたんは本ナースだから医学関係のおつきあいがあってもおかしくないにゅ(いざとなったら職場からの紹介の人ってことにしちゃってもイイかも!)。

そこでぴのたんは彼ちの将来性について熱く語るのにゃ!

( ̄q ̄)オホン。

まず、親が推すお見合いの相手方。跡取というのを父はプラス要因として見ているようだけど、マコは逆。マイナス要因と考えられるわね。

跡取っていうのはバカでもなれるもの。将来が安泰だと思って育てられるから放蕩息子の可能性大。受験勉強を乗り切って自力で技術や地位を築く人の方が人間の土台の厚みが違うわよ(しょうたろうしゃんに技あり!)。

それに、息子が跡取に無条件でなれるということは上場株式会社ではないハズ。個人事業者が30年以上安泰でいられる例は意外と少ないにゅ。特に今の日本は急速に国際競争力が衰えている時、跡取が会社の困難を乗り切る力量があるかどうか疑問ね。

会社のオエラさんを結婚相手に選ぶ場合はあくまで本人の技術力をみないとダメ!跡取なんて技術と関係ないから危険よ(゜д゜)!

これからの日本を見据えて相手を選ぶなら、基礎のしっかりしている人でなきゃね。基礎がしっかりしているというのはどういうことかというと「その人個人が社会(これからは世界)から必要とされる技術を持っている」ということだと思うのね。だから跡取といっても、技術系(職人や技師)なんかはイイの。役職系(社長、取締役)なんかはまずダメ。親の七光りじゃなくて本人が輝いてないとネ。

その点、しょうたろうしゃんの持っているものは将来性あるわよ~♪(゜▽゜)b

薬学部だっけ?医学・薬学は今の日本が廃れても生きていける将来性のある貴重な技術力になるわ!第三次世界大戦が起こっても生きていけるくらいスゴイ将来性よ!日本って資源小国なのに第三次産業ばっかり肥大化しちゃってるでしょ。でも本当の日本の国力は第二次産業(特許関連技術)が支えている構造なのよ(医学そのものは第三次かもしれないけど薬製造は第二次というべきよね)。

国が失速するとき、真っ先に競争力を失うのは何も生産をしていない第三次。10年後じゃなくて30年後くらい先を考えるなら絶対しょうたろうしゃんよ!(しょうたろうしゃんにまた技あり!合わせ技一本!)

失業とかのピンチになったとき、元ボンボンと薬剤師資格保持者のどちらが頼りになるかは考えるまでもないでしょ。

それに、しょうたろうしゃんはまだ会ったことないけど話だけでもなんか魅力的よね(*´д`*)ポッ

まだ若いのに人望がありそうヨ♪

ちなみに、あねち談。お見合いに来るような男にろくなのいないって(笑)

自力で恋愛ができない致命的な欠陥がある人が多いんだね、きっと。

さらにあねちいわく、「ぴのたんは美人!お見合いなんかしなくても絶対結婚できる」ヨ!

ぴのちっく(LS・ブログ・ラジオ)ではかなりのカリスマ性を発揮してるもんね。マコから見てもしょうたろうしゃんがうらやましいワ(*´д`*)

将来の日本まで考えて将来性を語れば親も反論できないんじゃないかな?ガンバるのよ!ピノたん(`▽´)b

補足:どうしても会わなければいけないとしたら、『「アタックしてる人」には内緒というたてまえで、「お断りするために1回だけ会う」』という約束にすればどうかにゃ?何回も会えってことは、前述のように人の恋路を邪魔することになるってことを教え込むのダ!

★☆Blogランキングに参加しています(^人^)クリック1票を☆★

|

« レストランで競馬 | トップページ | 第2回ラブホテル調査旅行 »

コメント

突然のコメント失礼します。
この度新規ブログランキングサイトを立ち上げました。
ブログを拝見させて頂き、記事も面白く
綺麗に作られていて、凄くいいブログと思い
こちらにご参加頂ければと思いコメントしました。
まだ登録がない為、上位確実で今が狙い目ですので
宜しくお願い致します。

http://r-bl.com/?ycon


R-Blog ランキングーブログ

r-bl管理人

投稿: r-bl管理人 | 2005年11月 3日 (木) 18時15分

マコにゅんて、ちょっとドジキャラなんだけど
実はすごく考えがしっかり的を得てくるんだよね~。
翔太朗もかなり頭脳的な記事に感心していたョ(笑)
「お断りするために1回会う」っていうのは結構いい方向かもしれない!使えると思う!!

ただ、マコにゅんの「アタック中」案は…orz

なぜなら、ずっとダンマリしていたのに最近はお泊りに家を空けるとき、
「彼の家に」とわざわざ言っているからである…。(宣言したところで、ブーイングの嵐だけどw)

時既に遅し!!!!ヽ(;´д`) ノ

投稿: ぴの | 2005年11月 4日 (金) 19時54分

★ピノたん★
{むむむ。}なんと、もう既に「彼の家」に行ってるのを知ってるのきゃ…
ってか!家にお泊りするほどの相手がいるのを分かっていながら、男っ気がないといってお見合いさせる親ってどういう感覚なのっ?!
まぁ、あとはお見合いさせられるとなった場合は、わざと嫌われるようにウソつきまくる作戦があるわね。
・ご趣味は?…ネトゲーです。
・お酒はお好き?…毎日がぶ飲みです。
・好きな男のタイプは?…翔太郎です。
・得意なことは?…マジックバーストです。
こんな感じかな?

投稿: マコ | 2005年11月 4日 (金) 20時26分

突然ですが、
得意なこと…マジックバースト
に今更オオウケ(*≧д)ノシ彡☆

投稿: ぴの | 2012年11月30日 (金) 13時00分

うゎぁ!ぴのたんお久しぶり!
今日のお昼、出先で新着コメントメールが届いてビックシ!
マジックバーストにウケるぴのたんの姿を思い浮かべてマコもオオウケしてましたw
それにしても7年も前のコメント、自分でも忘れてたけど、今自分で見て、自分で爆笑しちゃいました(爆)
しかもウソでお見合いをぶち壊すって言いながら、これってよく見たらウソじゃないしwww

投稿: マコ | 2012年11月30日 (金) 22時34分

確かにうそじゃぁないね(笑)
マコにゅんてホント面白いよねー(*・з・)
自覚した?w

投稿: ぴの | 2012年12月10日 (月) 17時53分

★ぴのたん★
いつの記事にコメントつけとんねんw
…とお返ししてみる(笑)
マコはただ単にイタズラやイジワルが大好きなだけヨッ♪
大人になるとオイタをしても叱られないからやりたい放題!Ψ(`▽´)Ψ

投稿: マコ | 2012年12月11日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見合いぶちこわし作戦:

« レストランで競馬 | トップページ | 第2回ラブホテル調査旅行 »