« ダイエットの効果2 | トップページ | マコの節約会計簿作戦 »

2005年5月25日 (水)

その2)CD-RWの謎

今日はできごとと絡めてソボクな疑問の第2弾。

こないだの日曜日の話なんだけど、友達に大きいPCデータ送るためにCD-Rにデータを焼き付けて郵送ちまちた。数百メガのデータもこんな円盤一枚におさまるなんて便利よね~。◎_(^-^)

聞くところによると、デジタルデータを円盤に超細かい溝を掘ることでデータを固定してるのだそうな。今回送ったデータは後で変更する必要がないものなので1回書き込んだら終わりのCD-Rでいいんだけど、世にはCD-RWというさらに便利なものがあるのよね。こちらは何回でも書き込み、上書き、消去ができるのだそうな。

だけど、実はマコはCD-RWがおっかなくて使っていないのダ。というのも、こういう疑問があるからなのにゃ。

CDって、いちおうレコードみたいに溝を掘ってカキコミしているんだよねφ(..)ガリゴリ

溝を掘った削りカスってどこに行っちゃうんでしょう?削りカスが機械の中にたまって故障の原因に?!{{{(;゜Д゜)}}}

なんてことは、ないない(笑)

と、これはジョーダンで。いちおう、CD-RもCD-RWもレーザーで溝を掘るらしいので、多分イメージ的には焼肉を火にあぶると縮むように円盤の表面もレーザーを当てると焼かれてへこむんだろうな、と(えっ?例えがヘン?!w)

ということで、CD-Rの方はよーくわかるのよ。データ書き込んだところは色が少し変わるもんね。わからないのはCD-RWの方!

なんで一度掘り込んだ面に何度も書き込みができるよヨォ?!(゜Д゜)

一度焼いたお肉をまた火にあぶると生肉にもどる肉があるっていうことなのかしら?!う~~~ん、考えれば考えるほど焼肉が食べたくなってきたわっ!明日は焼肉ヨッ(ダイエット中だけどw)

で、一度掘り込んだ溝をどうやって元に戻すのかわからないために、本当に掘った所が元に戻ったのかどうか心配で使えないのヨ…   (´Д`)-3

なんか、使えば使うほどCD-RWの面がデコボコになってデータが読み出せなくなっちゃうんじゃないかって心配なの。心配しすぎてCD-RWの表面を紙ヤスリで磨きたくなったりするし(爆)<イケマセン

というわけで、マコは読み書きが必要なデータはMOを使っていましゅ。MOの仕組みは「まんがサイエンス」という科学マンガで原理を紹介されていたので安心して使えるのにゃ(^-^)v

しかし、MOの原理を小学生に教えるとは学研もかなり無茶をするもんだわ(笑)<本当はMOじゃなくてMDなんだけどネw

★☆Blogランキングに参加しています(^人^)クリック1票を☆★

|

« ダイエットの効果2 | トップページ | マコの節約会計簿作戦 »

コメント

「まんがサイエンス」私も持ってるよ〜♪
あさりよしとおが好きなんでw
でも、きっと今読んでもかなり古い情報になっちゃうんだろうなぁ。。。

投稿: じじ | 2005年5月26日 (木) 17時40分

★ジジリしゃん★
きゃーーーw 持ってるなんて偶然~♪
意外と持ってる人多いのね~。
マコの会社でも一人いたのよw
みたところまだ情報は古くはないっぽいネ。
7巻なんかもわりと最近(2年前?)出たものだし。

投稿: マコ | 2005年5月26日 (木) 21時39分

では、お兄さんが詳しく説明してあげましょー

んとね、CDってのはレーザーををあててそのレーザーの反射具合をみて凹んでいるか凹んでいないかの2通り(ONかOFFかみたいな感じ)でデータを判断する、と。
まあ、ここまではマコはわかってるかな?

CDではこの凸凹のある型を使う(プレスする)ことで全く同じものを大量につくることができます。
(いちいち1枚ずつ焼いてるわけではありません)

で、問題のCD-RWね
一度凹ましちゃったら、どうやってもどすの?って
たしかに疑問に思うわあな。
でもねぇ

○<CD-RWは凹ましてなどいないのだよ!

ΩΩΩ<な、なんだってー!!

簡単に言うと化学変化をおこさせて、分子が整った状態のところと整っていない状態を作り出してるのよ。
なので厳密に言うと、CD-RWで「焼く」という表現を使うのは間違っているのよね。

で、整ってる(結晶状態)←→整っていない(非結晶状態)
という状況が簡単に変えられるんだとさ。
化学の力ってすごいね。

投稿: なぎぃ | 2005年5月28日 (土) 02時29分

そして、更に驚くべき事実を君に

○<CD-Rも凹ませてなどいないのだよ!

ΩΩΩ<な、なんだってー!!

CD-Rをよく見ておくんなまし
CDは銀色なのにCD-Rは水色でしょ?
で、書き込まれた部分は色が薄くなってるよね?
CD-Rはレーザーで色素を焼くことによって色素を分解してるのよ。

つまりCD-Rでは色素が分解されてるか分解されてないかってのが
CDの凹んでるか凹んでないかってのと結果的に同じ働きをしてくれてるだけであって別物だったということなのです。

こんな説明でわかったかな?
化学の力ってすごいね。


でも、100年も前にレコード(アナログディスク)なんつーものを作る技術があったってことのほうがスゲーーーーーーって思うんだけど。

だって、あれレコード針との摩擦音だけで録音した音とほとんど一緒の似た音を出してるんだぜ?
その音を再現できる溝をどうやって作っとんだって話や。
江○屋猫八やサ○ンドコピー師匠やコ■ッケやホ■の比じゃないですよ、ダンナw

投稿: なぎぃ | 2005年5月28日 (土) 02時30分

★なぎぃしゃん★
きゃーーーーー!(’▽’)
なぎぃしゃんスゴイ!なんかいつものなぎぃしゃんじゃないみたい!
なぎぃしゃんのヌイグルミをかぶった誰かが入ってるとか(笑)
そっかー!ミゾを掘ってるわけじゃなかったのね~
Ωさん達もビックリしてますにゃーw
あの青い色もキレイだからつけてるんだと思ってたし<アホ
でもこれで安心してCD-RWも使えるわっ♪
とってもさんきゅーにゃ!(^-^)v

投稿: マコ | 2005年5月28日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その2)CD-RWの謎:

« ダイエットの効果2 | トップページ | マコの節約会計簿作戦 »